トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS トンボ撮影日記 14 トンボの飛翔

<<   作成日時 : 2007/05/25 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今年は例年以上にハイペースで撮影が進んでます。まぁ、凝り性な性格がそうさせている部分がたぶんにありますが、それにもまして、たくさんのトンボが出てきてくれるからですね。(笑)

先週末は、DC135mmというレンズを持ち出して、またまた飛び物にチャレンジしました。
結果的には、まぁまぁでしたので、数カット紹介したいと思います。

まずは、ヤマサナエです。なぜか私の周りにまとわりついてきました。(笑)
画像


次は、以前も撮影したヨツボシトンボとシオカラトンボのカップルです。
シオカラトンボが交尾したとたん、ヨツボシトンボが追っかけまわしてました。

画像



撮影地を移動して、さらに飛翔を狙います。
ハラビロトンボのオスです。おなかの膨れ具合を見れば、名前の由来がわかりますね。
画像


後姿ではかわいそうなんで、今度は前から。。
画像


最後は、ハラビロトンボの縄張り争いです。
2匹のオスがけん制しあい、徐々に上昇しながら飛んでいきます。
画像


以上で、飛翔ネタは終わりです。ごらんいただきありがとうございました。m(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こともなげに、こういうカットが撮れる師匠が羨ましいです。>>なぜか私の周りにまとわりついてきました。<< これが原因かなぁ〜
トンボに好かれるようにならなければ…(笑)
気楽人
2007/05/25 23:52
トンボの飛翔シーンの連続、スゴイですね!!
あっ、ヤマサナエ、後ろ肢折り曲げていない!
matsumaru
2007/05/26 04:13
気楽人さん、matsumaruさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

気楽人さん
トンボの飛翔ですが、ホバリングや規則性に気がつけば誰でも撮影できると思いますよ。
ただ、超どアップはさすがに難しいですが。。(笑)

matsumaruさん
そうなんですよ。ヤマサナエなぜか足を伸ばしてましたね。実は、もう一匹撮影したのですが、この個体も伸ばしていましたね。なぜかな〜???
dp4wd
2007/05/26 20:32
dp4wdさん こんにちは
何か久々に望遠飛翔見ました。
ちなみに私、マクロレンズで飛翔を撮ってる間、早々に諦めてしまいました。(笑)
広角で寄るのは難しいですが、それでも写ってる確率が高いので広角接写で撮ってるってのが現実かもしれません(笑)
この間久々にやってみたのですが、、、やっぱり無理ですねぇ、、、、。
歩留まりが悪いので、私は生涯、望遠レンズに縁の無い男として生きて行きたいと思った次第です。(志低し、、、)
電気蛙
2007/05/28 18:25
電気蛙さん、こんばんは。そうですね〜。トンボの飛翔はどうしても望遠レンズで撮ることが多いです。
望遠レンズでの撮影は、トンボの飛び方の規則性を見つけないとさすがにつらいです。
また、いくら望遠でも焦点距離とトンボの距離感も大切です。たとえば90mm〜135mmあたりだと、ファインダーに捉えることもさほど難しくなく、ピントもあわせやすいです。
ところが、200〜300くらいになると、よほど離れてない限り、ファインダーに入れることが難しくなってきますね。その辺のバランスを考えてレンズを持ち出してますが、これがなかなかうまくいきません。
半分以上、その時の運任せで撮影してます。(笑)
dp4wd
2007/05/28 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンボ撮影日記 14 トンボの飛翔 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる