トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS トンボ撮影日記 19 湿原のトンボたち(日本一小さなトンボ)

<<   作成日時 : 2007/06/18 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

梅雨真っ只中の先週末、天候が悪いにもかかわらず、知人と共に撮影に出ました。まぁ、梅雨時くらい休め見たい気持ちもあるのですが…。(笑)

佐賀の山間部には実はちょっとした湿原があります。名前を樫原湿原といい、九州の尾瀬といいう人もいます。(ちょっと大げさですね。(笑)

場所はここです。(これじゃわからないですね。(汗)


で、今回はこの湿原で撮影したトンボを紹介します。
まず、最初に目に飛び込んできたのが、キイトイトトンボのカップルでした。緑の草にまぎれてちょっとわかりにくかったです。
画像


次はモノサシイトトンボのこれまたカップルです。ちょうど産卵の真っ最中でした。
画像



この湿原でとても珍しいといわれているトンボを発見!!モートンイトトンボのオスです。
画像


この湿原には、他にも珍しいトンボがいます。日本で一番小さなトンボハッチョウトンボです。
こちらがメスで、アブのような色調です。
画像


こちらはオスです。真っ赤で綺麗です。
画像


ハッチョウトンボは、体長3cmほどの小さなトンボです。アップで撮ると、どうも大きさがわかりませんね。(笑)
せっかくなんで、コンデジでも撮影してみました。いよいよ、大きさがわからなくなりますね。
画像


最後は、知人とのコラボレーションです。(笑)
トンボとの距離は、2cmくらいで知人とは3mくらいです。(笑)
画像


と、天候がイマイチだったにもかかわらず、盛りだくさんの週末でした。
今度は天候がいいときに、出かけてみたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、地図だ〜〜!(笑)
このブログこんなことができるんですね。
でも私の場合クリックしてかなり縮小して、やっとぼんやり把握できる程度でした(笑)

さすがに、dp4wdさんのブログでも珍しいトンボが並びますね。
モノサシイトトンボの産卵はいいカットですね〜。
葉の上に居るのはヤゴでしょうか?
ハッチョウトンボといい、本当に大収穫だったみたいですね。
見ているほうも楽しいです。(笑)
とおりっぐ
2007/06/19 01:27
これまた凄いですね〜
“とおりっぐ”さんが私が思ったことを全て書いてくれました(笑)モノサシイトトンボの産卵は、まるで絵のようです。例の知人さんは本当にいつも一緒なんですね〜(笑)
珍しいトンボばかりで見るだけでも大変だと思いますのにキッチリ撮られていて流石に師匠だと思いました。
気楽人
2007/06/19 11:34
とおりっぐさん
地図の件ですが、以前から南下できそうだな〜とは思いつつもそのままでしたので、初めて使ってみました。
樫原湿原は、フィルム時代は何十回も通った場所でした。最近は、観光地化として湿原の砂漠化が進んでます。それで、しばらく遠のいていたのですが、久しぶりに出かけてなんか懐かしかったです。(笑)

気楽人さん
今回のカット、いずれもフィルムでの撮影経験はありました。正直デジカメでの撮影をどうしようか悩みましたが、せっかく自宅から1時間もかけてきましたので、撮影することにしました。
例の知人は、ここのところほとんどの週末、一緒に行動してますね。(笑)
dp4wd
2007/06/19 21:39
ハッチョウトンボ!!
意外でした。
時期的にものすごく南の地方が前倒しにいろいろ出てくる印象があるのですが、こちらのハッチョウトンボも今頃です。
いや、今年は読めないしその場所に行ってないので解らない所ですが、、、、。
それと単純に北と南とは言っても、そちらの高原との比較ですし、山登れば気温低いんでしょうし、単純な比較は出来ないんでしょうね。(笑)

>最近は、観光地化として湿原の砂漠化が進んでます。
これは非常に思うのですが、観光地という手軽さが観光地の存在意義である景観を壊して行きますよね。
最近、観光地よりは開き直って管理されている森林公園とかの方が余程面白いかなぁと思う様にもなりました。(笑)

あ、そうそう
普段あんまり行かない場所に、普段行かないタイミングで言ったら、見た事が無いトンボを見ました。トップページに載せておりましたがカオジロトンボで良いんでしょうかね?
電気蛙
2007/06/20 10:12
電気蛙さん
ハッチョウトンボですが、今年こちらで初めて見られたのは、1ヶ月くらい前だそうです。その後、どんどん羽化して3週間ほどたった時点でほぼ最盛期みたいです。
樫原湿原は、佐賀ではそれなりに標高が高い場所ですので、朝晩はそれなりに寒いようです。

砂漠化の件ですが、私がこの湿原にはじめて行っていた頃は全然問題なかったです。といいますのも、知っている人が少ない状態でしたが、最近は観光バスで人が大量に乗り付けますので、そのまま人が歩くと荒れるばかりです。
最近は、木製の遊歩道があり、その部分だけを歩くようになってますが、なかなか回復しないようです。外国の湿原では、外から持ち込まれる土も問題なようです。

カオジロトンボですが、名前もはじめて聞きました。ですから、このトンボがそうなのかもわかりませんが、電気蛙さんがかかれているようにエゾトンボの仲間みたいで、とてもきれいですね。
dp4wd
2007/06/20 13:03
>今年こちらで初めて見られたのは、1ヶ月くらい前だそうです。
やっぱり早いようで(笑)

>最近は観光バスで人が大量に乗り付けますので、そのまま人が歩くと荒れるばかりです。

あぁ、、、、これはありますよね。
手軽さは一長一短ですよね。

>カオジロトンボですが、名前もはじめて聞きました。

小諸日記にありました。ttp://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200606/1150977140.html
どうも北方系というか、寒冷高山仕様なトンボの様ですね。
まともな写真が撮れなかったので、来年はがんばりたいです。(笑)
ぱっと見はアカネ系に見えるのですが、側面黄色で背中が赤、顔が白。何か面白いです(笑)

エゾトンボの方はこれとは別なちょっと大きめの光沢があるトンボだったのですが、止まってくれないので飛翔中を撮るしか無く、失敗だらけです。はぁぁ、、、、、(涙)
電気蛙
2007/06/20 18:02
電気蛙さん
今回紹介した樫原湿原は、もし電気蛙さんが佐賀に来られた時は、100%案内する場所です。それまで、砂漠化が進まないことを願うばかりです。(笑)

カオジロトンボ、本当に変わってますね。成虫も珍しいので、羽化した時がどうなのか見てみたいです。
エゾトンボですが、そうそう飛翔のカットでしたね。どうも頭で混乱していたようです。
エゾトンボですが、そのものはいませんが、仲間は結構いますよ。
去年撮影した、トラフトンボや今年撮影したオオヤマトンボ(ブログに記事あります。)あと、タカネトンボというとても美しいトンボがいます。ほとんどのトンボは見てますが、唯一、タカネトンボだけはちゃんと見たことないです。(死んですぐの個体はありますが…)

やはり、5月のGWあたりから6月にかけてぜひお出でいただきたいですね。。
dp4wd
2007/06/20 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンボ撮影日記 19 湿原のトンボたち(日本一小さなトンボ) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる