トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS トンボ撮影日記 23 ウスバキトンボの飛翔

<<   作成日時 : 2007/07/04 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

先週は、南風がかなり強い日が続いておりました。その南風にのって東南アジアの方からウスバキトンボが多数飛来したようです。
先週の土曜日はまたチョウトンボでも狙おうかと、望遠マクロを持って出たところ、多数のウスバキトンボの飛翔を見つけ、急遽こちらへ被写体を変更しました。

本来なら、人間を怖がりなかなか寄ってこないはずのトンボが、なぜか私の周りを飛んで回ります。できるだけ脅かさないようにシャッターをきり続けました。(笑)

今回はそんなウスバキトンボの飛翔です。

最初はこんな感じで、トンボから1mちょっと離れて撮影を始めました。
画像



連写は使わず、ピントもMFでした。。
画像


望遠レンズのため、トンボが引き立ちはしますが、なんか面白味にかけますね。
そこで、アングルにこだわってみました。(笑)
正面から、、
画像



最後はファインダーの中に入らなくなるほど近づきました。が、、さすがにピントが合ってませんでした。
まともにピントが合って一番近寄ったカットはこれくらいでした。
画像


決して派手なトンボではないウスバキトンボですが、飛翔しているトンボはどのトンボもかっこいいです。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
飛来するって…このトンボはこちらで発生するんじゃないんですね! 鳥の渡りみたいで凄いですね〜
それにしても毎回ですがお見事としか表現できません。…むぅぅぅ(汗)…
気楽人
2007/07/04 23:43
>本来なら、人間を怖がりなかなか寄ってこないはずのトンボが、なぜか私の周りを飛んで回ります。

何か悟りの領域に達したようですね?(笑)
私はとんでもなく距離を開けられるのですが、、、、。
電気蛙
2007/07/05 18:02
気楽人さん
ウスバキトンボは、毎年春先からこの時期にかけて飛んできます。高知県の太平洋側の岬では飛んでくるのが見えるとか…。
今回のような状況だと、誰が撮影してもバッチリ撮影できると思います。

電気蛙さん
何ででしょうね。たぶん、南方で人間と接することなく、飛んできたのかもしれません。
そうでないと、あれほど警戒しないトンボも珍しいです。(笑)
dp4wd
2007/07/05 19:58
おはようございます。飛んでいるものを見て急遽被写体を変更してかつ撮ることができる。機転と腕が必要ですね。
sj45a
2007/07/08 08:24
sj45aさん、トンボばかり20年ほど撮影していると、トンボの種類だとか生態がわかるようになります。トンボなりに飛翔体形が違いますが、生態がわかるようになると、結構撮影できたりします。(笑)
dp4wd
2007/07/08 10:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンボ撮影日記 23 ウスバキトンボの飛翔 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる