トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS トンボ撮影日記 29 アキアカネの打水産卵

<<   作成日時 : 2007/09/19 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

先日、山の中の池を散策して、まだ場所によってはトンボが居ることがわかりましたので、望遠レンズを片手にトンボを探してみました。
朝9:00を過ぎ、太陽が池に日を差すころになると、アカアカネのカップルが数組産卵に訪れました。池の外からでは、300mmでもちょっと遠いので、膝丈ほどの長靴を履いて、池の中に入ることにしました。
最初は、いきなり入ってきた侵入者にトンボも驚き、なかなか近寄ってくれませんが、じっと動かず、様子を見ていたところ、徐々に慣れたようで、産卵を始めました。

まずは、交尾しながら産卵場所を探しているカップルです。
画像


画像


これまで、いろいろなトンボの飛翔を撮影してきましたが、カップルで飛翔するアキアカネは初めてだったこともあり、なかなかピントが合ってくれませんでした。

ちょうど産卵している瞬間を狙いましたが、産卵のタイミングにうまくあったのはこのカットだけ。ただ、ピントが甘いです。(汗)
画像



交尾しながらしばらく産卵すると、カップルは交尾をときます。しかし、その後もメスは産卵を続けます。なぜか、メス単独だと私に近寄ってきます。(笑)
画像


そんなメスをちょっと離れた位置から眺めているオスです。
画像



しばらく産卵を続けたメスは、さすがに疲れるようで、池の近くの枯れ草に止まり、体を休めます。
画像


初めてのアキアカネでしたが、正直なかなか思うように撮影はできませんでした。
しかし、こうして見れただけでもよかったと思いつつ、池を後にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
何とも声も出ません!やっぱり!…師匠のトンボに対する執念のようなものを、その撮影の意気込みに感じます。あと根気と体力も並ではないことが良くわかりました。
私には逆立ちしても撮れませんので止まってるトンボ専門で行きます。それすら難しいですが…(笑)
気楽人
2007/09/20 00:01
気楽人さん
コメントありがとうございます。
まず、最初に訂正がありました。実はアキアカネと思っていたアカネは、ネキアカネでした。
長崎のトンボのスペシャリストの方に、教えていただきました。
嘘を書いてしまいスミマセンです。m(__)m

今回の撮影ですが、今考えるといろいろとラッキーが重なりました。ちょうどネキトンボがいたこと、そして望遠&長靴を持っていたことでした。このどれかが欠けていても撮影できなかったと思います。
来年もこうしたシーンに会えることを楽しみに、今年のトンボもそろそろ終わろうと思います
dp4wd
2007/09/20 23:27
お久しぶりです。サークルに顔を出せなくてすいません。
うちの仕事場も水はけが悪いのですが、そこにトンボが産卵していました。いずれ乾くはずなのですが・・・
しかし綺麗に撮れていますね。見事です。
sj45a
2007/09/21 19:29
sj45aさん
いろいろお忙しいようですね。
トンボですが、シオカラトンボなどは水溜りでも産卵しますよね。そういえば、私も去年、オニヤンマが側溝に産卵するのを撮影したことがあります。(笑)
もちろん、涸れてしまうところなんですが一生懸命に。。
そういう努力の成果があって、次の世代が続くのでしょうね。
dp4wd
2007/09/21 19:38
はじめまして♪
先ほどサークルに入会させていただきましたsioriaと申します。
トンボの写真、ほんとに美しくてウットリとみていました。
先日、ミヤマアカネを見つけて追いかけたのですが飛んでいる姿を撮るなど素人のわたしにはとても無理でした。
これからどうぞよろしくお願いします♪
sioria
2007/09/21 21:30
sioriaさん、はじめまして。こんばんは。
サークルへの入会ありがとうございます。手抜き管理人ですが、よろしくお願いいたします。m(__)m

トンボの飛翔写真ですが、慣れればそれほど難しくないと思います。まずは、よく観察して、規則性を見つけることと、マニュアルフォーカスができれば、大丈夫かと思います。
dp4wd
2007/09/21 23:06
ネキアカネ
知りませんでした。というかどうやって区別したものか(笑)
自分振り返ればdp4wdさんと知り合って3年以上経った様な気がします。
当時に比べると写真の歩留まりは増えた様な気がするのですが気づくと広角接写によるものでいわゆる一般的マクロ撮影は全くスキルが上がってない事に気づきました。(笑)
今更ですが他人の写真を見ながらそういう技術を羨ましく思う事が多々とあります。(笑)
ところで、dp4wdさんに戻ったんですね???
電気蛙
2007/09/22 14:23
電気蛙さん
ネキアカネですが、羽根の付け根が黄色く色づいているところがポイントかな?(たぶん)
電気蛙さんと知り合ってもう3年ですか〜。早いですよね。。(笑)
この3年で、私は広角接写を教えていただき、撮影のバリエーションが増えました。
しかし、どうしても何かが足りない気がするのはなぜでしょう。。電気蛙さんの作品を見るとつくづく思うんですね。
まぁ、お互い得て不得手があるだけかもしれませんね。

名前ですが、なんとなく戻ってます。(笑)
dp4wd
2007/09/22 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンボ撮影日記 29 アキアカネの打水産卵 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる