トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 湿原のトンボ(トンボ撮影日記 2008 Vol.6)

<<   作成日時 : 2008/05/10 08:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

GW中のカットが続きますが、、自宅から1時間ほどの所に樫原湿原という湿原があります。
友人の情報によると、クロスジギンヤンマが羽化していると聞き、撮影に出ました。ただ、天候がちょっと曇りがちでしたので、過大な期待は持たないようにして…。。

まずは、樫原湿原の位置を貼りますね。



湿原に着いてしばし散策したところ、小さなサナエトンボが日向ぼっこしてました。(笑)
そっと近づくと逃げそうな雰囲気はありません。早速カメラを取り出して撮影しました。(笑)
画像


逃げないのをいいことに、反対側からも…。体長5cmも無いトンボがでかいですね。(爆)
画像


このトンボ、、この後も逃げなかったようで、2時間ほど後にこの場所で誰かに踏まれているようでした。(汗)


湿原の植物ですが、今の時期は『ミツガシワ』がたくさん咲いてました。
横から見るとこんな感じです。
画像


真上から見ると、こんな感じです。

画像



植物はこのくらいにして、トンボを探すと綺麗なホソミオツネンがいました。
画像



まだ、朝早いせいか、それとも曇っているせいなのか、なかなか見つかりません。
辛抱強く探すと、、、居ました〜クロスジギンヤンマ。。
しかし、、残念。。羽化殻でした。絶好のポイントでしたので、見れなかったことがとても残念でなりません。

画像


狙いのクロスジギンヤンマが見つかりませんので、あきらめ半分湿原をよく見るとヨツボシトンボがたくさん羽化してます。

画像


画像


羽化したばかりの個体は羽がセロファンのようです。
画像



この時間になっても天気は薄日が時折出る程度ですが、気温の上昇に伴いヨツボシトンボも森から出てきたようです。
そんな個体に虫の目で寄ってみました。
画像


そろそろ、帰ろうかと思っていたら、ホソミオツネンも産卵を始めました。
画像



画像



最後になりますが、今回訪れた樫原湿原は湿原全体は鳥獣保護区で植物はもとより、昆虫の採集も禁止されてます。散策できる道も木道だけでした。
そんな状況ですから、撮影機材は300mm望遠レンズ1本と虫の目レンズだけでした。もし、この時期を読まれていってみようと思われる方は、参考にしてください。m(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
木道での撮影は確かに制限が厳しいですね。
一方、大学関係の方かもしれませんが、教授っぽい人とその生徒が捕虫網を持って庭園に現れ、木道上から網を振り回してトンボを採取し、アヤメを倒しておりました。あれってどうなんだか(笑)
それにしてもホソミオツネントンボの青い奴は、似たやつが沢山居て私は判断に困ります、、、、。
種類が居て困るのはありますが、密度が濃いのは純粋に羨ましいです。(笑)

あ、ところでトップページがさわやかになりましたね。
電気蛙
2008/05/10 14:56
トップページがリニューアルされてて一瞬間違って開いてしまったのかと思いました。(笑)

湿原は何処に行っても作られた木道しか歩けませんので望遠が必要ですよね。…でも師匠の作品は虫の目レンズで撮られてるものがあるので寄れる位置に丁度よくトンボが止まっていたということですか!?(下から三番目のヨツボシトンボ)

水平なホソミオツネンの作品、面白いですね〜ちょっと撮影に出ただけでこんなにも撮れるなんて信じられません。
気楽人
2008/05/10 15:08
電気蛙さん、気楽人さん、こんばんは。ブログのトップページですが、最近どうもマンネリでしたので、気分転換をかねて変更してみました。これでもマンネリを克服できない場合はしばし、冬眠しようかと思っております。(笑)

電気蛙さん
樫原湿原ですが、最近『樫原湿原を守る会』なんて任意団体が居ます。一般の観光客に対していちいち面倒なくらい注意するくせ、早朝に行くと自分たちは平気で立ち入り禁止区域に入ってます。(怒)
正直、ちょっと頭にきてますので、今度は望遠レンズで証拠写真を撮ってやろうと思ってます。(笑)
あと、大学教授ですが、生態調査なのかハグロトンボの羽根に白ペンで番号を書かれたときはさすがに頭から湯気が出ました。(笑)

気楽人さん
ヨツボシトンボですが、ちょうど数匹どこからとも無く飛んできまして、10mほど先に留まりました。逃げないようにそっと近づけたので3枚ほど撮影できました。
ホソミオツネンですが、水平位置ではなく私がちょっと高いところに居ます。ですから水平になったんですよ。(笑)
dp4wd
2008/05/10 22:51
湿原には数々のドラマがあったのですね。
目的のクロスジギンヤンマには出会えなかったとの事ですが、ヨツボシトンボの羽化シーンとか、面白いですね。
作品から、水や空気の綺麗さまで伝わってきます。
とおりっぐ
2008/05/10 22:59
とおりっぐさん
樫原湿原はタイミングが合えば、被写体には困らない場所です。
最近の観光地化がもう少し落ち着いてくれると、マメに通いたいのですが、週末は観光客だらけなんでなかなかいきたくないんですよ。
dp4wd
2008/05/11 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
湿原のトンボ(トンボ撮影日記 2008 Vol.6) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる