トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 大牟田から佐賀へ(トンボ撮影日記2008 Vol.17)

<<   作成日時 : 2008/07/17 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

今日は先日の続きです。

大牟田で2時間の撮影でほとほと凝りがたはずですが、なぜか佐賀へ向かう途中、あの場所へよってみようということになりました。(笑)
話がまとまり帰路は急いだわけですが、途中面白い光景を見つけました。
佐賀から福岡県の有明海の沿岸にかけて湾岸道路を建設されているのですが、途中大きなつり橋の工事が遅れてます。何でも片方の橋げたが当初の設計以上に沈下したらしいのです。(汗)
そんな橋もなにやら解決策が見つかったようで、当初の計画よりかなり遅れながらも建設されてました。
そんな橋の工事風景です。
こうしてみるとかなり大きなつり橋です。
画像


もうちょっと寄ってみます。

画像


画像


中央が後少しでつながりそうです。
画像



と、途中寄り道しつつやっと目的地へ到着です。
早速トンボを探してみると、居ました。。夏を代表するトンボ『ウチワヤンマ』です。。
何か、蛾のようなものを食べてます。
画像


次に見つけたのは、コフキトンボです。このトンボ成熟すると体から白い粉を吹きます。
画像



この日はこれで帰宅したわけですが、お隣の畑で面白いものを発見しましました。

蝶の幼虫のようですが、とにかく大きくて綺麗です。
画像



周りをよく探すと、サナギも1個だけ見つけました。
画像



この場所、これまでもたくさんの幼虫が居るのを見るのですが、まともに羽化するのを見たことがありません。
どうも、鳥か何かに食べられているようで、今回もその心配が的中しました。
上のカットを撮影した次の日の夕方、幼虫は1匹も居なくなってました。お隣のおじさんは何もしてないとのことなのでやはり鳥の仕業でしょう。
サナギは残ってましたので、枝ごともらってきましたが、未だに羽化しそうな雰囲気ではありません。
折角残ったサナギですから、ぜひ羽化して欲しいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
吊橋の工事風景ですが師匠は仕事の関係からか、こういうものに興味がおありのようですね。私は間違いなく見過ごすでしょうね。(笑)

蝶の幼虫の話ですが私も思い当たることがありました。家の蜜柑の木にナミアゲハの幼虫が五匹ほど居たのですがある日忽然と姿を消しました。どこかで蛹になっているのかと思っていたのですが二度ほどそういうことがあって、ひょっとしたら鳥にやられたのではと何となく思ってましたがヤハリそうなんですね。納得です。蝶に成るのを楽しみにしてたのに…
気楽人
2008/07/18 16:04
気楽人さん、いつもコメントありがとうございます。
私は、高校を出て以来機械関係仕事をしておりまして、エレベーターのことからプラントの設計などをしております。
ですから気楽人さんが言われるように、こうした現場は必然的に目がいくようです。先日のダムの現場なども私が好きな現場ですね。(笑)

蝶の幼虫ですが、本当に残念でした。ネットか何かかぶせないとやばいよな〜と思った矢先でしたので、本当に悔やまれます。(汗)
さて、サナギの方ですが、まだ羽化しそうな感じはないです。もしかすると、すでに死んでいるのかもと思うととても残念です。
dp4wd
2008/07/18 22:33
吊橋のつながる直前とは、滅多に無いタイミングですね〜。
そして背景も含めて、全体的に線が細かくシャープなところが気持ち良いです(笑)

そしてトンボの種類も徐々に増えてきたようですね。
蝶の幼虫は食べられてしまったのは残念ですが、なんか目立ちすぎな気がしますね(笑)
dp4wdさんの撮り方が上手いからなのかも知れませんが、これではすぐに見つかりそうです。
サナギはぜひ羽化することを祈ってます。
とおりっぐ
2008/07/19 00:05
とおりっぐさん、こんばんは。
このクラスの橋となると、建設自体滅多にないですね。まして、今回のように地盤沈下で工事が遅れるなど…。(汗)
とはいえ、ちょうどいいタイミングで見ることができましたので、被写体としてはばっちりでした。(笑)

トンボですが、まぁまぁですかね。(笑)
最近地元ではミドリ亀の被害が問題になってます。大きな堀には一面蓮があるのですが、ミドリ亀がこの茎を食べるらしく、絶滅してしまった堀がたくさんあります。
チョウトンボやギンヤンマは蓮によく止まってましたので、今年はさっぱりです。
蝶のサナギですが、まだ羽化しませんね〜。やはり駄目なのかもしれません。
dp4wd
2008/07/19 22:28
吊り橋の繋がる寸前。
その力のバランスと不安定感から目が離せなくなります。
なんか、早く繋いでよって思っちゃいますね。

幼虫たち。
う〜ん。dp4wdさんはやっぱり虫が好きなんだなぁ。
私は派手な幼虫が4匹もまとまっていると、やっぱり敷いちゃいます。(^^ゞ
Shinji
2008/07/20 20:33
ごめんなさい。
↑で「敷いちゃいます」は「退いちゃいます」のタイプミスでした(x。x)゚゚゚
Shinji
2008/07/20 20:45
幼い頃に、お盆に田舎の家に帰って、とんぼ・せみ・
アゲハチョウと戯れ、小川でハヤを釣った思い出がよみがえります。
滋賀県の田舎に帰って、座敷の縁側に座って、ビール片手にのんびりしたい気持ちになりました。
yutaka3
2008/07/20 22:56
Shinjiさん
そうですね。つり橋はこの頃が一番不安定な気がしますね。(笑)
実際、両方の橋げたの高さが20cmも違ったらしいのですが、それをどうやって修復したのか…。違いがわかった時点で、両方から半分以上橋ができていたらしいのでとても気になってます。(笑)
あと、、正直な話幼虫は嫌いです。(笑)
撮影するのはそのときだけなんでOKなんですが、気持ち的にはかなり引いてます。
dp4wd
2008/07/21 08:12
yutaka3さん
yutaka3さんの作品を見ていると、とても人間らしいと言うか暖かい作品が多いです。
それはきっと、小さいときからとてもいい環境で過ごされたからなんですね。
私が住んでいる場所は、滋賀県の田舎と似たり寄ったりなんでしょうけど、新興住宅地のため大した風情はないです。
まぁ、自宅から30分ほど離れれば、それはすごい田舎がたくさんなんですけどね。(笑)
dp4wd
2008/07/21 08:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
大牟田から佐賀へ(トンボ撮影日記2008 Vol.17) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる