トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 田んぼで羽化するトンボ(トンボ撮影日記2008 Vol.19)

<<   作成日時 : 2008/08/03 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

暑いです。それにしても暑いです。朝、起きた時点で30度を超えてます。(大汗)
この暑さのせいか、平野部ではすっかりトンボの種類が減ってしまいました。秋のトンボや元気なトンボはどんどん山間部に移動しているらしく、近くで見れるのはウスバキトンボと数種類のイトトンボだけです。

このウスバキトンボですが、今年は例年よりかなり早く3月に南方より飛翔してました。その後もどんどん飛んできて、田植えしたばかりの田んぼに産卵していたようです。
10年ほど前は、このトンボが田んぼで羽化するシーンをよく見ましたが、ここ数年はなかなか遭遇しませんでした。どうも、田んぼの水が途中なくなるときがあり、うまくヤゴが成長しなかったようです。

ところが今年、、数年ぶりに羽化しているよ。と情報をもらい、さっそく田んぼに出かけてみました。すると、たくさんの田んぼのうち、数枚の田んぼで羽化が見れました。
他に撮るものもないし、早朝なら涼しいしとコンデジ片手に撮影に出たのはいいのですが、早朝5:00、暑さで寝不足ですから、すこぶる眠いです。(汗)

では、早速撮影した画像をアップします。

朝露はついてますが、すっかり羽化が終わったウスバキトンボです。
画像


早朝の田んぼは、朝露が下りててひんやりしてますが、トンボが下の方で羽化していると、暗くてそしてカメラが朝露に濡れて困ります。
できるだけ、高い位置に止まった個体を撮りましたが、空は真っ白ですね。(汗)

画像


ヤゴとの位置関係が??な個体です。(笑)
画像



逆光で狙うとこんな感じ。。
画像


田んぼにはウスバキトンボのほかに、イトトンボもいます。

画像


画像



これだけのカットだと、いまいち回りの環境が分かりませんね。
飛び立つ直前の個体を指に移し、周りの感じを撮影しました。
画像


コンデジだと、どうしても空に表情が出ませんね。
仕方なく、1眼レフに虫の目をつけて再チャレンジです。とりあえず、撮影はできたものの、結果はご覧の通りでした。(笑)

画像


早朝5:00の撮影は、日中エアコンが効いた部屋で仕事をするには過酷過ぎました。
寝不足が一気に吹き出て、午前中仕事どころではなくなります。
幸い、羽化する個体も減ってきましたので、ここでやめることにしました。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
毎日暑いですね〜。

朝露に濡れた羽や稲葉がキラキラしてきれいですね。
涼を感じます。





Mrs.パターソン
2008/08/03 19:52
dp4wd師匠、いつも素晴らしい作品をありがとうございます。
ヤハリいい作品には相当な努力が…忍耐も…かな。いづれにしても真似できることではありませんね〜(汗)
気楽人
2008/08/03 23:00
dp4wdさん
東京も凄い暑いですよ〜。
空気が汚い分、不快指数満点です(汗)
この暑さはそちらのトンボの生態系にも影響がでているようですね。

しかし写真からは、清涼感がばっちり伝わってきます。
水滴のついたウスバキトンボは綺麗ですね。
朝の光がなお雰囲気を盛り上げてますね。

私がたとえ佐賀に居ても、寝ぼすけなのでそんな光景は見ることができそうにありません。(笑)
とおりっぐ
2008/08/04 00:49
Mrs.パターソンさん
そちらもかなり暑いようですね。朝露に濡れた田んぼですが、撮影するまでは気持ちいい気温なんですが、いざ撮影に入ると、やはり緊張するせいか汗だくになります。朝起きていきなり汗だくは、正直気持ち悪いですよ。(笑)

気楽人さん
こうしたカットは、どうしても数をこなさないと思ったようなカットは難しいですね。
その分、いつまでも諦めがつかず、今日も朝早く目が覚めました。さすがに撮影には行きませんが、、なんか貧乏性だな〜と思います。(笑)

とおりっぐさん
今日のニュースだと、そちらは雨も凄いみたいですね。
とおりっぐさんも佐賀に住まれると、きっと早起きされますよ。夜の娯楽がないところなんで必然なんですよ。(笑)
dp4wd
2008/08/04 23:30
おはようございます。
今の早朝5時は、何もしない分には涼しくて気持ち良いですね。
でも着実に夜明けが遅くなってますから、出勤前にゆっくり撮影が出来るのももうちょっとでしょうか。
朝の柔らかな光は朝露の降りた田んぼのドラマを見事に演出して清々しいです。
広大な佐賀平野は、朝焼け夕焼けウォッチも楽しそうですね、遮る物が無い光景もそうお目にかかる事は無い貴重な物で(^^;
少なくとも私の周囲には存在しませんので新鮮です。
getten
2008/08/05 08:35
ご無沙汰してます。

先日、ご存知かと思いますが、BBSの写真展に行ってきました。
そのとき、栗林先生とお話する機会がありました。
で、私が昆虫を撮影するきっかけは、dp4wdさんの
影響がとても大きいのです。っていう話から
dp4wdさんはたびらのコンテストでダントツで
飛びぬけているので、卒業してもらったって
仰ってました。(笑)

今回の写真展は私にとっても次のステップアップに
相応しいイベントでとても勉強になりました。
海野先生とは、かなり長い時間お話ができて
SSP入会のお誘いを受けましたので、入会しようと
思っております。
次のBBSの写真展は2年後ですが、それまでには
dp4wdさんとはお会いしてみたいなぁなんて
夢みたいなこと考えております。
天文中年
2008/08/05 19:34
gettenさん
出勤前の撮影ができるのも、あと少しかもしれません。
ただ、秋になると空気が澄んで朝焼けが綺麗だったり、朝露がどんどんついてきますので、それでも狙いたいと思います。

天文中年さん
BBS写真展、大好評のようですね。海野先生&栗林先生とお会いできたようで、とてもうらやましいです。
たびらのコンテストを卒業して以来、栗林先生とお会いする機会はなく、SSPへの入会も保留したままです。(汗)
卒業以来2年が経過しましたので、その話も時効かも知れませんね。まぁ、私は私なりのマイペースでがんばります。
dp4wd
2008/08/05 20:17
いきなり変な話しですが、以前聞いた時も「ウスバキトンボ」をウスバキ−トンボの様につい思ってしまいました。
ウスバ-キ-トンボ(薄羽黄トンボ)なんですよね、きっと。
 逆光で狙ったカットがなんか、自分が金魚鉢に入っている金魚として見ているみたいで惹かれますね。
Shinji
2008/08/08 17:58
Shinjiさん
ウスバキトンボの名前ですが、私は正直深く考えたことなかったです。ちょっと調べてみた限り、明確な回答は見つかりませんでした。
ただ、きっと羽の色とかそんなものに由来しているのでしょうね。
逆光のカット、撮影直後モニターで見ると何が何やらさっぱりでした。(笑)
とりあえず、レタッチでここまでなりましたので、何とか掲載できた次第です。
dp4wd
2008/08/08 22:35
こんばんは・・・・ごぶさたしてます。

最近は撮影できずにストレス溜まってるみっちゃんです。
(今はなぜか「街撮り」なんてことやって遊んでますが)

朝露に輝くトンボ・・・・・いいですねえ。
北海道もけっこう飛んできましたねえ・・・・・
(ふつうのトンボですけどね(^_^;)

みっちゃん
2008/08/09 19:44
みっちゃんさん
こんばんは〜。お久しぶりですね。
「街撮り」ですか〜。なんか面白そうですが、佐賀では無理かな〜。(笑)
北海道に飛んでるトンボ、多分私が撮影したウスバキトンボかもしれません。このトンボ何より長距離飛行が得意なトンボですし、卵から成虫までの成長もかなり早いです。
本州のどこかで産卵した二世が飛んで行ったかもしれません。
dp4wd
2008/08/09 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
田んぼで羽化するトンボ(トンボ撮影日記2008 Vol.19) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる