トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ハグロトンボの水中産卵(トンボ撮影日記2008 Vol.20)

<<   作成日時 : 2008/08/26 20:46   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今年の夏は、異常気象のせいかトンボの数がめっきり減ったこともあり、例年のようにトンボの撮影には出てませんでした。
そんな状況でしたが、久しぶりに撮影に出たわけですが、さすがに日中はまだまだ蒸し暑く日中は日陰からトンボがなかなか出てきてくれません。そこで、夕立後の雨上がりに撮影に出ました。

雨上がり直後のまだどんよりした曇り空にはたくさんのウスバキトンボが飛んでました。
画像



時間とともに、徐々に明るくなりそれに伴いハグロトンボが出てきました。
こちらはオスです。太陽の光があるともっと綺麗なんですが…。
画像


画像



さらに、周りを散策すると川の中で産卵中のメスを見つけました。
ハグロトンボのメスはオスのように綺麗な体ではありませんが、羽根の模様がとても綺麗に出てました。
画像


この後、このメス産卵しながらどんどん水の中に潜りました。
これが『水中産卵』という行動です。

胴体と顔が半分くらい水中に入ってます。
画像



胴体と顔はすっかり水の中です。
画像


ハグロトンボの産卵の後、周りを見るとイトトンボのカップルも居ました。
画像



このカップル、、、なんとこのカップルも水中に潜りました。
画像



イトトンボの撮影が一息ついた頃には、回りもだいぶ明るくなり、ハグロトンボもたくさん出てきました。
こちらはメスです。
画像


ここには2匹も
画像



こちらはオスです。
羽の模様と色がとても綺麗です。

画像



今回は雨上がり後という、普段あまり撮影しない時の撮影でしたが、思いも寄らぬ収穫があり大満足でした。(^^♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
dp4wd師匠、貴重な作品ありがとうございました。
長年トンボを撮られている師匠がラッキーだったと喜ぶ『水中産卵』は、めったに撮れないシーンなんでしょうね。このトンボはチョウトンボとともに好きなトンボです。優雅で綺麗ですよね。
気楽人
2008/08/26 23:36
気楽人さん
いつもコメントありがとうございます。
『水中産卵』自体はよく知られたことですが、実際に見るのは意外と少ないようです。
私自身、20年近く撮影して今回で3回目です。

ハグロトンボですが、オスは胴体の色がメスは羽の模様がとても綺麗ですね。ちょっと敏感なトンボですが、こちらにはわんさか居ますよ。(笑)
dp4wd
2008/08/27 21:48
ハグロトンボ、きれいですね〜ほんと美しいです。
でもメスがじみなのはなぜなんでしょう?じみでももてるからいいのかしら?
kotan
2008/08/31 21:55
kotanさん
ハグロトンボに限らずですが、昆虫はオスが派手なものが多いです。オスはメスに自分自身の存在をアピールするために派手なものが多いですね。
ハグロのメス、地味な色調ですが、とてもモテモテですよ。(笑)
dp4wd
2008/09/01 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハグロトンボの水中産卵(トンボ撮影日記2008 Vol.20) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる