トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS トンボ撮影日記2009 Vol.22(ウスバキトンボの大集団の巻)

<<   作成日時 : 2009/08/07 15:05   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

今年もやっと梅雨が明けました。私が知る限り、こんなに遅い梅雨明けは初めてでした。
梅雨明けが遅くなったことがトンボの生態にどう影響するのか良くわかりませんが、少なくともかなり数が減っているようです。

その一方で、数を増やしている種類もいるようです。ウスバキトンボがそうで今回はウスバキトンボの記事を書きます。

ウスバキトンボ、もともと南方系のトンボで春先に九州に飛んできます。そしてそれが交尾産卵したのが今の世代だと思います。
まずは、飛んでいるところを。。正直地味なトンボですね。
画像


もう一枚
画像



このトンボ、よく群れをなして飛んでます。
市内の休耕田にできた水溜りでもたくさん飛んでます。
画像


画像



ところが、、もっと大集団を作っている場所を見つけました。なんと有明海の海岸近くでした。
暇な人は数えてみてください。

画像




もう一枚
画像



特別虫が多いというわけではないのですが、本当に乱舞状態です。(笑)
光の当たり具合では、面白いかも…。(笑)
画像




そんなウスバキに紛れ、ギンヤンマもいるようです。(驚)
何をしているかと思いきや、、ウスバキトンボを捕まえては食べてます。かなりの数のウスバキトンボ餌にするにはちょうどいいのでしょう。。なんと頭が良いというかびっくりです。
画像



食事が終わり海岸の石に止った個体です。羽根が光って綺麗です。
画像


こちらは枯れ木に止って休んでいる個体。背景が海だと思うとなんか不思議です。(笑)
画像



以上で、今回の記事は終わりです。
そろそろトンボを探してうろうろしてみようと思います。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
dp4wd師匠、素晴らしい作品を有難うございます。
ウスバキトンボ…本当に凄い数ですね。こういう状況に遭遇したら怖くなってしまうかも…(笑)
ギンヤンマの翅が光っているのは幻想的でさえあります。
気楽人
2009/08/07 17:49
気楽人さん
はい、とにかく今はたくさんいますね。幸い車などが通る道路ではないのでこれといった不都合はありませんが、もし、そうだと思うとさすがに気持ち悪いです。

ギンヤンマかなり綺麗でしたが、どこかズル賢く見えるのは私だけでしょうか?(笑)
dp4wd
2009/08/07 23:23
dp4wdさん
これは凄い!
長梅雨はウスバキトンボにとって成長しやすかったのでしょうか。
こちらでもウスバキトンボは群れで見ますが、その10倍以上居る感じですね。(笑)
それにしてもこれだけの数を画面に入れてしっかり作品としてしまうところが凄いです。
子供のころ田舎の田んぼで、空一面のノシメトンボを見たことがありましたが、
それ以上かもしれません。
とおりっぐ
2009/08/07 23:40
とおりっぐさん
この場所での撮影は今回が初めてですので、今年だけが特別なのかはわかりません。ただ半端な数じゃないことだけは間違いないですよ。
今回は300mmを使いましたが、それは絵的に選んだ結果でして、魚眼でも撮れそうな位広範囲にいました。

いろいろ悩んだ結果、こうなりましたが、他にも撮り方がありそうな気がして仕事の帰りほぼ毎日通ってます。(笑)
dp4wd
2009/08/08 16:14
写真上手過ぎです!
むっちゃん
2009/08/08 17:02
むっちゃん さん
お褒めのコメントありがとうございます。なんか恥ずかしいですね。(笑)
dp4wd
2009/08/08 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンボ撮影日記2009 Vol.22(ウスバキトンボの大集団の巻) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる