トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS その後のトンボの池。(猛暑の夏編)

<<   作成日時 : 2010/09/12 09:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

今年の夏は日本全国至る所で猛暑のようですが、佐賀ももちろん連日うだるような暑さです。
今回は先日紹介しておりました、職場のトンボの池のその後の状況を報告したいと思います。そのトンボの池ですが、水を切らさず補給していることもあり、トンボやメダカは結構な数をキープしてます。特にメダカは水温が20℃を超えると産卵するため、最初20匹ほど入れたのが今では軽く数千匹のレベルになってしまいました。池からは絶えず少量の水を垂れ流しているのですが、そこにまでメダカがいて適当にすくっては近くの川に放流してます。(笑)


続いてトンボの状況ですが、イトトンボはたくさん交尾してますし産卵してます。またギンヤンマがこの1ヵ月半ほどの間毎日1〜3匹羽化してました。単純計算では軽く50匹は羽化したようです。

そうそう、基本的に職場ですから撮影機材はコンデジ(CX3)です。(^^ゞ

まずは、蓮の葉に止るイトトンボのカップルです。
画像



交尾の途中のカップル

画像



蓮の花が開く前に羽化したようです。(見たかった)
画像


こちらはガマの葉っぱにつかまって羽化した殻です。
画像


羽化殻とイトトンボのカップルです。
画像



画像



暑い日中はイトトンボの日差しを避けるようです。日陰にギンヤンマの羽化殻ためこうしたシーンが見れるようです。
最後はダブルのカップルです。
画像



次は毎日羽化するギンヤンマを狙うことにしました。

通常よりずっと早い早朝6:00に出勤したところいました。。(笑)
ぎりぎり朝焼けとコラボを撮影したところ、飛んでいきました。
画像



上のカットももちろんコンデジなんですが、コンデジでなければ撮れなかったカットでした。
岸から70cmほど離れた位置で羽化していた為、腕を伸ばしてスローシンクロ。。シャッター速度は1/4秒でしたので、1眼レフではまず無理でした。


6:00でダメならもう少し早くと4:00に着くように出勤 (ではないか〜(笑)
今回は回りが真っ黒ですから1眼レフに中望遠レンズをセットしてストロボを複数焚いて撮影しました。


画像


上のトンボ、この撮影の直後真っ暗な夜空へ旅立ちました。(びっくり)

この日はもう一匹羽化してました。
画像



う〜〜ん、、早朝4:00でもこの状況、どうも時間帯が大きく違うようです。
そこで、早朝4:00に出勤した日の夜中に再チャレンジしました。(おかげで数日間寝不足の影響が残りました。)
夜23:00に行くと、、ちょうど羽化の瞬間が見れました。
画像



こちらはすでに殻から出てます。
画像


わずか30分も経つとこんなに羽化が進みます。それにしてもギンヤンマは綺麗ですね〜。
画像


他を探すと羽化終盤の個体も
画像


ギンヤンマの羽化、ちゃんと見たのは初めてでしたが、その美しさはとても感動ものでした。

この後台風9号が近くを通過し、季節は一時的に秋に戻りました。ちょっと清々しい朝、ギンヤンマがいるような気がして仕方なかったのでまた早朝出勤。。

今度は池の岸から30cmほどの位置で羽化してました。超ラッキーと思いそっと近づいて唖然。。。
こんな個体でした。
画像


4枚の羽根がダメな個体で、これでは飛びたくても飛べません。
一般的にはヤゴの時に羽根になる部分を怪我したのではないかと思うのですが、このギンヤンマ明らかに一回り小さい個体でした。もしかしてまだ未成熟なまま羽化したのではないか?といろいろ考えてしまいました。

結局、近くの木の枝の下に保護しましたが、たぶんすぐに寿命が来たことでしょう。。

その後、トンボの池ではギンヤンマの雌が単独で産卵している姿が見れました。
日によっては3匹もいっぺんに。。
というわけで、来春は夏よりのたくさんの羽化が見れるのではないかと期待しております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
師匠のブログ以外では見られない貴重なギンヤンマの羽化シーンを見ることが出来て当方も感動です。流石にヤンマの羽化は迫力がありますし綺麗ですね。
イトトンボのダブルのカップルの作品なども素晴らしくこれまた師匠でなければ撮れないシーンだと思いました。来年は更に吃驚させられそうで何かワクワクしてます。♪
気楽人
2010/09/12 17:34
気楽人さん
早速のコメントありがとうございます。トンボの池猛暑ではありましたが、水や水草の管理がうまくいったようです。
この調子で産卵に来てくれると来年の3月から5月はまた羽化のラッシュになると思います。もし、時間があればぜひ見に来ませんか?

私と一緒であれば中に入ることも問題ありませんし、好きなだけ撮影してもらっていいですよ。(笑)
dp4wd
2010/09/12 19:29
お誘いのお言葉ありがとうございます。♪
しかし何といっても佐賀はちょっと遠いです。
気楽人
2010/09/12 22:56
気楽人さん
確かに距離が結構ありますね〜。何か九州方面へ来られることがあるといいのですが…。。
福岡あたりなら迎えに来れるので、もし来られることがあれば、御一報ください。
dp4wd
2010/09/13 06:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
その後のトンボの池。(猛暑の夏編) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる