トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 昆虫やらサギやら葱坊主やら…。(笑)

<<   作成日時 : 2011/06/12 08:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今回はタイトルどおり、ここ最近に撮影したいろいろなものを御紹介します。
では、、いきなりいきましょう。。(^.^)


まずは、ガガンボです。皆さんの地域でも良く出現し、見かけると思います。パッと見はとても大きな「蚊」ですが、実は違うんですよね。(^.^)

早朝、朝露をまとってます。
画像


画像


ガガンボつながりで、、トンボの羽化を探しに行き変な状態のガガンボを見つけました。
画像


もう一匹、、発見!!
そうです。これガガンボの羽化なんですね。
画像



私はトンボのようにヤゴのときから足があるものだと思ってましたが、調べてみると違うようです。
ガガンボは「蚊」の仲間ではなく、「ハエ」の仲間ですので、幼虫は大きな「うじ虫」らしいです。そして羽化したときにいきなり長い手足があるようです。(汗)

う〜〜ん、、なんかイメージが変わりました。(笑)

とりあえず、作品らしいものを羽化したガガンボが作り出す、星型です。(^.^)
画像




続いては子育て中のアオサギです。
今年は餌の数が少ないようで、なかなか子供が育ちません。こんな子沢山の家族は親が本当に忙しいそうです。
画像




餌を持って帰ってくる親を待つため、夕方や早朝に撮影に行きましたが、今年はなかなかそんなシーンに会えません。
アオサギが巣を作っている木の下は大きな池となってて、この日はルアーフィッシングを楽しむ方もおられました。
何度がルアーを投げた瞬間、大きな水音が。。
どうもルアーを投げた時の音&水辺の動きで、親鳥が魚だと思って池に下りてきたようです。降りてきただけならいいのですが、何と釣り糸が絡まったようです。


画像



とりあえず糸を外してあげないと死んでしまいますので、ゆっくり糸を巻いてアオサギを寄せます。
画像


私を含め大人3人で暴れるアオサギを引き上げました。(^.^)
幸い糸は足に絡んだだけでしたので、何とか簡単に外れました。糸がはずれ自由の身になったはずのアオサギなぜか逃げません。(汗)
とりあえず、1枚撮りましたが、ちょっと怖かったです。(^^ゞ
画像




結局この日はこれで帰宅しましたが、帰宅の途中アオサギの親の群れを見つけました。どうも先ほどの一件で親が警戒していたようです。

画像




さて、、ここでまた被写体が変わります。
毎年トンボの羽化を探しにいく公園で見かけるクマバチです。今年はちゃんと撮ろうとサンヨンを持って行きました。
とりあえず数枚バチピンでしたので、アップします。
画像

画像


画像


画像



次はこれまた昆虫です。昆虫には色鮮やかな体を持つものが居ます。
これはハンミョウという昆虫です。。

画像

横から見ている分には色鮮やかさしか気がつきませんでしたが、正面から撮影してびっくり、何と怖い顔なんでしょう。。(^^ゞ
画像



最後は葱坊主の畑です。
あたり一面葱坊主を植えてある田んぼを見つけ、夕焼けを狙って撮影に行きました。
ところが夕焼けは不発でした。(HDR処理)
画像



折角なんで葱坊主の見玉に迫りたいと思います。(笑)

ふわふわの葱坊主をボケに使って
画像



18-200mmクローズアップレンズをつけると、ボケとシャープネスを楽しめます。
画像


パンツのようなマスクを被った人に見えませんか?(笑)
画像





葱坊主からテイクオフ!!
画像




最後は花を二つ。天然のシャガ&藤の花です。
画像


画像



以上、今回の記事は終わりです。
こちらも梅雨入りし、かなりの雨が降ってます。当面はお日様に会えそうにないです。(ーー;)



葱坊主誰かあそんでくれないか
楽天ブックス
句画集 芳枝 星雲社 星雲社発行年月:2008年02月 ページ数:45p サイズ:単行本 ISBN:

楽天市場 by 葱坊主誰かあそんでくれないか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

舘源 舘林喜助 染付葱坊主絵片口
有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶
化粧箱 黒呉須と染付を両方使って表現された、可愛らしい茄子の模様です。手にも持ちやすくて大きさも丁度

楽天市場 by 舘源 舘林喜助 染付葱坊主絵片口 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は大変勉強になりました。♪
特にガガンボは…そうなんですね。全く知りませんでした。又、良く撮れてますね!師匠ですので当然ですが…。それからアオサギは何故逃げなかったんでしょうね!?釣り糸を外されて助けられたことを理解したのでしょうか!? また18-200mmにクローズアップレンズの組み合わせ中々いいですね。高倍率ズームでこの結果には驚きました。
気楽人
2011/06/12 16:24
気楽人さん
ガガンボの羽化ですが、実はガガンボが動いた後抜け殻を引っ張ったのですが、ただの筒が地面から出てくるだけで、どうもトンボとは違うと悟った次第です。調べてハエの仲間と分かったとたん、すーっと引く自分がいました。(笑)
アオサギですが、引き上げるまでが大変でした。バタバタ騒ぐと羽根が痛むと思い、一発勝負で引き上げました。その後、じっと睨まれた時はちょっと怖かったです。
高倍率ズーム+クローズアップレンズですが、実はこれまでも何度も登場してます。ヒラタアブより大きな被写体ならなかなか使いやすいですよ。(^.^)
dp4wd
2011/06/12 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
昆虫やらサギやら葱坊主やら…。(笑) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる