トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012 最後のトンボ

<<   作成日時 : 2012/11/10 12:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今シーズンも今回のトンボでいよいよ終わります。
地元佐賀では、10月に入るととたんにトンボの数が減ってきました。気温を考えると春先よりも暖かいので、まだ大丈夫だと思うのですが、羽化して一定の時間が経つとやはり寿命が来るようです。
ですから、天候が良くて早くに羽化する分、居なくなるのも早い感じです。

そこで、友人と九州のトンボ情報を集めたところ、九州山地の高い部分にはまだヤンマが居るとの事。。
それも瑠璃色で有名なオオルリボシヤンマが居るとのことで、とりあえずいってみようということになり、早朝から早起きしていきました。

自宅からは3時間以上かかり、標高もかなり高い山の池に行ったところいました〜。本当にオオルリボシヤンマが飛んでました。それも3匹も。。

画像


良く見ると羽根はボロボロでみんなオス。つまり羽化が遅かったオスだけが縄張り争いをしているようです。

キラキラ光る羽根が綺麗です。
画像


旋回を始めた後姿です。
画像




オオルリボシヤンマが居る池では、まだたくさんのアカネが居ましたが、とりあえず撮影はパス。。(笑)
さらに良く探すとキトンボが今した。

キトンボこんなトンボです。
画像


キトンボの魅力はやはり逆光ですね。
画像



とりあえず、この日はこれで自宅へ帰りました。自宅へ着いたのは、午後7時過ぎでバテバテでした。


つづいて、、、他にも居ないか情報を集めました。すると、アオイトトンボが熊本にいるとわかり、これまた遠征です。(笑)

現地に着いたとこと、、アオイトトンボよりリスアカネのカップルが産卵しているシーンに遭遇しました。

打空産卵と呼ばれる、空中から卵を産み落としてました。

画像


画像

画像


背景のブルーは池に残った水面です。

画像


頑張って200枚ほど撮影した中に、1枚だけ産み落とされた卵が写ってました。メスの下にある小さな白い〇わかるかな〜。

スミマセン。このカットだけ、不正コピー防止に名前を入れてます。m(__)m
画像



リスアカネの産卵シーンを撮影後、本来狙っていたアオイトトンボを探しました。

青い目をしたアオイトトンボです。
画像


産卵中のアオイトトンボのカップルです。
画像



以上で、今週の記事&今シーズンのトンボは終わります。

今年は仕事が交代勤務になったことで、平日に自由に撮影したこともあり、かなり撮影しました。そういう意味でもとても充実したシーズンでした。



日本のとんぼ達 アオイトトンボ
e-おもちゃ・雑貨Shop
超精密な作りは手作りだから。原寸大のおおきさ。パッケージに体長・分布地・とんぼの説明が印刷されていま

楽天市場 by 日本のとんぼ達 アオイトトンボ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オオルリボシヤンマ…初めて見ました。名前のとおり精悍そうで綺麗な色のトンボですね。キトンボの逆光の翅も特徴的ですね。♪
リスアカネのカップル飛行…特に池をバックにした作品は物語性を感じてとても好きです。それから打空産卵、こんなことをするトンボもいるんですね〜驚きです。今回もとても勉強になりました。
気楽人
2012/11/11 16:27
気楽人さん
こんばんは〜、コメントありがとうございます。今年は結果的にかなり遅い時期までトンボに会うことができて、とてもラッキーでした。
オオルリボシヤンマ、ちょっとご老体ではありましたが、まだまだ元気でしたし、リスアカネに関しては、まだまだ成熟期の状態でした。
来春までしばし休憩ですが、冬の間にいろいろテストや実験でもして遊んでいたいと思います。(#^.^#)
dp4wd
2012/11/13 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012 最後のトンボ トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる