トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒い蝶の話。

<<   作成日時 : 2013/10/26 13:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今週はまた蝶の撮影について、書きます。黒い色の蝶はいろいろ居るようで、私には種類はわかりませんが、今年2回ほど撮影する機会がありましたので、その画像を紹介します。


まずは、Nikon1で撮影した蝶です。Nikon1のレンズとしては標準ズームと望遠ズームしか所有しておりませんが、どちらもとてもシャープなレンズです。
今回は標準ズームで撮影してます。

画像


黒い羽根に白い紋がとても綺麗な個体でした。

画像



真後ろからシンメトリーに狙いました。
画像



標準ズームの広角端は10oになります。画角的には27o相当ですが、近接すると焦点距離の影響から遠近感が強調されます。
画像



ちょうど警戒して羽根を動かしたので、いい感じになりました。

画像



次は、パナのマイクロフォーサーズと望遠ズームの組み合わせです。とてもシャープで気持ちいいレンズです。
画像



正面から狙いました。
画像



最後はD7000と望遠レンズです。やっぱり高画質ですね〜。(笑)
画像




正面から、何とかピントが合いました。
画像


ポートレート風に
画像


画像


以上で、蝶の撮影は終わります。
最後に蝶を撮影してて見つけた蜘蛛を紹介します。
花にしがみついて移動しません。長を狙っていたのかもしれません。
画像



それでは、また。。。(#^.^#)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
流石に蝶を撮られても素晴らしいですね。♪
最初の蝶はナガサキアゲハで後半のはモンキアゲハのようです。私もよく分かりませんが図鑑を見てそう思いました。
最近のカメラは素子が小さくても良く写りますよね。…でもたまに一眼レフを使うと画質の良さを改めて感じてしまいます。画のクオリティーは諧調性も含めて素子が大きい方がやはりひと味違うようですね。私はAPS-Cクラスで充分ですがたまにフルサイズの画を見せられると「うぅむ」と思ってしまいます。(笑)
気楽人
2013/10/27 16:41
気楽人さん
いつも過分なコメントをありがとうございます。蝶の種類同定いただきありがとうございます。私なりに調べるものの、なかなか確信が持てません。(^^ゞ

カメラの件、本当にそう思います。光条件など条件がそろうとカメラの種類なんて関係ないほどよく写りますね。その反面、たまに1眼レフを使うとやはりこれだよな〜と思ったり。。
フルサイズの手ごろになってきた今日この頃、欲しい気持ちがないではありませんが、小さな素子のカメラでもそこそこ満足していると、結局重い腰は上がりません。(笑)
dp4wd
2013/11/03 08:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒い蝶の話。 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる