トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩夏のハグロトンボ

<<   作成日時 : 2013/11/09 20:37   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

今年のトンボ、実質的にはこれがラストになりました。被写体はハグロトンボです。初夏に羽化したハグロトンボに最後まで相手いただきました。

まずは、交尾したカップルです。
画像


オス同士相変わらず縄張り争いをしてます。

画像


画像


画像



画像



望遠レンズではなく、広角レンズで狙いました。

画像


画像



時間帯を変え、夕方にも撮影に。。

画像


画像


画像


最後は産卵中のお母さんです。
画像



以上で、終わりです。
来年もたくさんのハグロトンボに会えることを楽しみにしてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ハグロトンボ…いいですね〜♪
一度、それこそはぐれハグロトンボを見たことがあるのですがチョウトンボとはまた違った優雅さの飛び方をしてて一見トンボだとは思わなかったです。割と大きめなトンボで意外でした。なかなか味のあるトンボで好きですね〜。(笑)
作品は言うまでもなく素晴らしいです。バチピンの飛翔写真など、どうしたら撮れるのでしょうね〜。。。
一度でいいからまともに撮ってみたいものです。(汗)
気楽人
2013/11/10 16:25
気楽人さん、そうですか〜。ハグロトンボの会えたようですね。普段はのんびり飛んでいるくせに、縄張り争いになると驚くほど機敏に飛ぶので、なかなか撮影しづらいです。

飛翔については、トンボの行動&習性を利用して撮影するしかないですよ。少なくとも普通に狙うと私も外してばかりです。
dp4wd
2013/11/16 19:52
ハグロトンボ雄もミヤマカワトンボ雄と同じく
腹部が青緑色に光るので暫く見とれてしまいました。
雌には偽縁紋がありませんが,腹部が褐色なので辛うじて分かります。
口元には牙らしいものが見え怖そうです。
itotonbosan
2014/02/05 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩夏のハグロトンボ トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる