トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の有明海 1

<<   作成日時 : 2015/04/26 07:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、おはようございます。
今週は春の有明海を紹介します。撮影時期としては、2月の下旬から3月の上旬に撮影したもので、この頃は被写体がとても少なくいろいろと探し回っていたころです。困ったときの有明海、今年はよく通いました。(^^)
タイトルに「1」の文字がある通り、実は「2」もありそうです。編集の都合になりますが多分そのうちご紹介できそうです。(笑)

今年の有明海、海苔の養殖はあまりふるわず、むしろオスプレイの配置の話ばかりでした。
有明海近くの漁港に寄った時のカットです。

収穫量は少なくても取りに行かれてました。色合いはフジの古いデジタル1眼の色合いで、ちょっと独特ですが気に入ってます。
画像



船が作り出す波が素敵でした。
画像


これは出航しなかった船です。すぐ近くまで寄ると、水面で反射した光が船体に模様を作ってました。
これを見るとWBは正確なんですよね〜。S3Pro。(笑)
画像



有明海に着きました。画面左を船が出ていきます。潮目としてはやや満ち潮、そこに船がすごい勢いで出ていくた
め波が立ちます。
次々に立つ波をパターンで狙いました。背景の山は以前噴火&火砕流で有名になった普賢岳です。

画像



この時期の有明海はまだ冬鳥がいます。湿地を好む野鳥は潮の関係でいませんがズグロカモメが5〜6羽ほどいました。
高い位置を飛翔しながら、干潟に居るカニを探しているようです。まぁ、よく見えるものですね。

画像


画像


カモメは私から見て左右に移動してます。背景の光条件がコロコロ変わり、露出が来ません。
そこで、ちょっと大胆にやってみました。
まず、一番背景が明るい位置に来た飛翔です。
画像


次に背景に露出を合わせて、鳥はシルエット気味です。
画像



正面のカットは実に撮りにくく、この1枚だけピントが合いました。
画像


2匹が並んだ飛翔。小さめでしたので、大胆トリミングを…。(笑)

画像


カニを見つけるとすぐに降りてたべます。その瞬間は撮れませんでしたが、干潟からの離陸は撮影できました。
足元が悪く飛びにくそうです。

画像



画像



カニを捕まえたシーンが撮れたのはこの鳥、シギの仲間です。距離が遠くてこれは超大胆トリミングです。(汗)
カニが大きすぎて結局食べることができませんでした。

画像



撮影が終わりすっかり夕方になりました。
海苔船は帰ってくるものとまだ出ていく船がありました。
画像


夕日で輝く海苔船、流し撮りにチャレンジ。。流れたけど竹が被りました。(^^ゞ

画像


大丈夫です。船は次々に帰ってきます。で再度、再度のチャレンジ、何とか成功です。
画像



船の反対側には綺麗な夕日が。水平線のあたりに海苔の竹が見えると思います。

画像


これで有明海を後にしました。

有明海の周りは干拓地となっており、農場が盛んです。ちょうど麦踏みが行われててましたので、
慌てて車を止めて撮影しました。
画像


この後、車を20分ほど走らせ帰りました。

以上で今週の更新は終わります。(^^)





アルファタックル(alpha tackle) 沖釣工房九州SP 有明メバル 270 51306
ナチュラム 楽天市場支店
※納期表示のご説明はこちら仕様/規格●全長:2.7m●継数:2本●仕舞:138cm●自重:135g●

楽天市場 by アルファタックル(alpha tackle) 沖釣工房九州SP 有明メバル 270 51306 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

アルファタックル(alpha tackle) 沖釣工房九州SP 有明メバル 300 51307
ナチュラム 楽天市場支店
※納期表示のご説明はこちら仕様/規格●全長:3m●継数:2本●仕舞:155cm●自重:145g●先径

楽天市場 by アルファタックル(alpha tackle) 沖釣工房九州SP 有明メバル 300 51307 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。今日はとても良い天気で気分も♪です。
いつも思うのですがチャレンジ精神が師匠の場合半端じゃないですね。それと根気のよさ…見習わなければと思いました。
鳥の作品他、みんな素晴らしいのですが二番目の作品と最後の作品、好きですね〜。そういえば師匠がS3Proの販売促進部長だったことを思い出しました。(笑)
気楽人
2015/04/26 12:23
気楽人さん、こんばんは。
いつも素敵なお褒めの言葉をいただきありがとうございます。最近は見に来ていただく方も少なくなり、そろそろ店じまいセールをするべきかと思っております。(笑)

私の場合、凝り性な性格もあり、これと思った被写体は粘ってしまうことがよくあります。その分、おもしろいシーンに遭遇できているかもしれませんが、撮りたい気持ちが先走り冷静な判断ができないことも多々あるように感じてます。

もう少し冷静に撮影できればといつも思いますが、現場に行くといつもすぐに忘れます。(笑)
dp4wd
2015/05/02 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の有明海 1 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる