トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の鳥と虫達

<<   作成日時 : 2016/02/27 20:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは。2月も下旬になり春らしい日も出てきましたが、木曜日は雪が降ったりでなかなか春になってくれません。おまけに週末になると天気が悪く撮影が進みません。

さて、今週は去年の12月の上旬に撮影したものです。被写体は虫や野鳥です。暖冬とはいえ12月ですから大した虫はいないはずなんですが、トンボに会えたりしました。


では、さっそくご紹介しますね。
まずは、師走のトンボです。トンボの種類によっては越冬するトンボもいますが、このトンボは越冬するトンボではなく秋から生き残った個体です。

寒いので、コンクリートにべたっと止まってました。トンボの種類はアカネの仲間のようです。
画像


次は、割ときれいなアカネです。


画像


トンボと同じ場所にいた蝶です。タテハモドキという南方系の蝶なんで、寒さが辛いようでした。

画像



次も蝶です。種類は一度専門の方に教えてもらいましたが、忘れてしまいました。(笑)

画像


トンボも蝶もいるだけで興奮状態、作品としてはイマイチですね。

虫の最後は越冬するチョウです。紅葉を撮影に行った先で見つけました。とてもきれいな色でした。
画像



次は、寒さ対策中の虫です。
 
とても小さなアブのようです。葉っぱの陰で集団で身を寄せ合ってました。
画像


次は、野鳥シリーズです。
タムロンの70-300oをNikon1 V1につけて撮影しました。自宅の近所で見つけた鶴と亀ではなくサギと亀です。(笑)

画像



次は、カモ&カワウです。20年以上前のシグマ製の300o/F4にシグマ純正の×1.4倍のテレコンをつけ、それをマイクロフォーサーズにつけて撮影しました。換算840oですね。

水面スレスレの杭に乗ってます。
画像


こちらは見ての通りです。(笑)
画像


水面に写りこんだ自分を見ているようです。

画像


カワウです。(笑)
画像


私のマイクロフォーサーズはファインダーがないタイプなんで動きものは極めて苦手です。
そんな私の目の前になんとキジがあるいてました。 勘で合わせたMFでの撮影です。
画像


この後、やはりファインダーがないと辛いと思い、Nikon製の300o用のテレコンと買いました。もちろん中古です。(笑)
×1.7倍なんで500o位になります。これをAPS-Cにつけると750oまぁまぁですかね。

とりあえずそれを持ち出して、またカモの撮影です。(笑)

画像


ファインダーがあるので泳いでいるカモも撮れます。
画像


帰ろうとしたときイカルさんが登場です。もちろんトリミングしてます。

画像


このシステム、最短撮影距離だと結構なマクロ撮影ができそうなんで改造のテストです。
綿毛ですが、とてもいい感じです。
画像



カマキリの卵です。まさか500oとは思えませんよね。
画像



カマキリの撮影後帰宅しようとしたところ、目の前にジョウビタキが止まりました。
500oでは近すぎなんで、ゆっくり後ずさりしました。このカットはノートリミングです。
画像


これもノートリです。
画像


とりあえずこの日はこれでおしまい。

せっかく購入したテレコン、よくよく調べてみると70-200o/F4にも使えるとのこと、ならばとそのシステムのテスト撮影です。
木の中に隠れたシロハラさん発見、ストロボの光量を補正して撮影。。MFでもピントばっちりです。

画像


画像



画像


これくらい写ってくれるとなかなか楽しいのでこの後冬の間のメインシステムになりました。

最後に新しいレンズの紹介です。

知人から珍しいレンズをもらいました。PC85oマクロというMFレンズですが、シフト&ティルトができます。外観はそれなりですが、レンズがきれいでその美しい描写にビックリしました。
そのテスト画像です。

ライトボックスの上にセミの抜け殻を真横にならべ、正面から撮影しました。どうでしょう。真ん中だけピントが合います。(笑)

画像


PC85oですが、F2.8の開放値なのにフィルター径は77o。やはりいろいろな方向から光を取り入れるためのようです。この後、何度かもちだしましたが、重さも重くなかなか大変です。(^^)

さて、来週は12月に撮影した地元の紅葉を初回予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁ驚きました…鳥撮りの人たちも顔負けの素晴らしい描写は流石に師匠だとの思いを改めて強くしました。♪
ムラサキシジミやアブの集団越冬などよく見つけられますね〜。素晴らしいです。
それとレンズの選定と使い分けにはいつも感心しております。私など面倒くさがりなので今日はこのレンズと決めたら大体それ一本で勝負してしまいます。(汗)
気楽人
2016/02/28 15:42
気楽人さん、こんばんは。今年は、知人の影響もあり鳥の撮影にもチャレンジしてます。ただ、カモフラージュするようなことはぜず、出たとこ勝負です。(笑)

去年は12月までトンボに会え、私自身驚きました。なにせ、師走のトンボは初めてでしたので…。
今年も越冬した蝶はではじめましたので、トンボの出現が楽しみです。
dp4wd
2016/03/05 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の鳥と虫達 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる