トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 蝶とトンボ

<<   作成日時 : 2016/12/11 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、おはようございます。今朝は快晴でしたが、放射冷却の影響でとても寒い朝でした。日の出前からカメラを持って散歩に出かけましたが、朝露もあり洋服はびしょびしょになりました。

さて、今週の記事ですが、またまた蝶とトンボです。先週と同じようなテーマですが、内容は結構違いますのでぜひ見てください。

ではまずは蝶です。近所の庭先には柑橘系の木があり、毎年いろいろな蝶が来てくれます。今年も数回撮影するチャンスがありました。
産卵に来たアゲハチョウです。微妙に前ピンでした。(^^ゞ
画像


産卵中&産卵場所を離脱した瞬間です。
画像


画像


別の日です。今度はナガサキアゲハが産卵に来ました。

産卵場所を探す個体です。

画像


画像


画像



産卵シーンです。
画像



画像


次は、同じく近所なんですが、求愛のシーンに遭遇しました。産卵して休憩中のメスにオスがアタックし始めました。

どこからともなくオスが飛んできました。私はメスが止まっていることも気が付いていませんで、オスの存在でわかりました。

画像



盛んに飛べと促しているようです。
画像


画像


イヤイヤ?メスが飛び始めた瞬間です。

画像



続いてはトンボです。秋の足音が聞こえてくるとアカネが産卵に戻ってきます。知人が新しい池を見つけたと情報をもらい、結構近くまで来るよと聞き、広角マクロで撮影できることを期待して撮影に行きました。

まずは望遠から
ネキトンボのオスです。いい色です。

画像

ちょうど産卵シーンに遭遇、水面が水草に覆われてて産卵が大変そうです。

画像


ばっちりのタイミングでした。
画像


次はマユタテアカネです。


画像


ごちゃごちゃした草の中で産卵中です。

画像


画像


いよいよ広角接写にチャレンジです。日向を飛ぶカップルは警戒心が強いので日陰で待ちます。
日中シンクロのため、ストロボ&自作のデフューザーも準備してました。

画像


画像

画像


アカネのカップルばかり気を付けていたところ、割と大きなトンボが飛んでいることにも気が付きました。
何と、空飛ぶ宝石と呼ばれているトンボ「タカネトンボ」でした。私自身これまで数回しかあったことがない上、もっぱら距離が遠く望遠レンズで撮影したのが1〜2回というトンボ。がぜんテンションが上がりました。

まずはオスの飛翔です。

画像


背景が真っ黒になりますが、これ以上シャッター速度が落とせないので仕方ないところ、最近接したカットがこれ。
ちょうど体を旋回させてます。

画像


オスが盛んに来るのでもしかしてメスがいるのかもと思い回りを探すとすぐ足元を飛び回ってました。
水辺でちょっと尻尾をつけて産卵しては、私の足元に戻るを繰り返してました。尻尾を上げて戻る姿が撮れました。

画像


画像


画像


広角マクロですし、アングルが最悪ではありますが、初めて見るシーンに大興奮の1日でした。(^^ゞ


最後は近所で撮影した夕暮れの風景です。
去年は猛暑で稲が害虫にやられました。そんなこともあり盛んに衝動作業をされてます。その煙が夕焼け色に染まってました。
画像


画像



以上で今週の更新は終わります。いよいよ来週からは季節が秋になります。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、また急に寒くなりました…何年も風邪を引かないできた私ですが今回は少しやられました。喉が痛んで声が出にくい状況です。昨日、同窓会の忘年会だったのですがカラオケで歌うことも出来ませんでした。(笑)おっと、どうでもいいことを…。m(__)m
さて作品ですが蝶々は此方でも見られる種類ですがトンボは「タカネトンボ」をはじめ見たことがないものばかりです…この辺に地域差を感じます。そして飛翔・産卵など難易度が高い作品ばかりで相変わらずノックアウトされております。(笑)
気楽人
2016/12/11 15:27
気楽人さん、こんばんは。ホント今年は急に寒くなりますね。今朝はこの冬一番の寒さでとても寒かったです。
私も先週はくしゃみ連発でしたが、何とか悪化せずに済みました。
毎年、蝶やトンボを撮影してますが、蝶に関してはなかなか想定通りに行かず、半分は運任せです。
タカネトンボに関しては、5年ほど前は本当に高嶺の花でした。(笑)
ところが、居る所がわかれば以外とたくさんの個体が居ることがわかりビックリしました。この池、たくさんのヤンマも産卵に来ていたらしいので、来シーズンが楽しみです。
dp4wd
2016/12/17 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
蝶とトンボ トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる