トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS アオサギの子供達

<<   作成日時 : 2017/07/29 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは、dp4wd です。今年の夏は例年以上の猛暑に悩まされてます。連日35℃以上の気温と80%を超えた湿度に不快指数は急上昇中です。
天気図を見てもこんな気圧配置は近年見たことがなく、やはりこれも異常気象なんだろうな〜と思った次第です。


さて、今週の更新はアオサギの巣の様子を見に行った時のものです。今年はたくさんの雛が卵から孵化したようですが、それが無事に育っているのかが気になり、また見に行きました。その時の様子をまとめてみました。

まずは、3匹の雛が居る巣です。雛自体ずいぶん大きくなったようです。パッと見は、羽毛の感じも随分親に近づきました。

画像


画像


狭い巣の中をうろうろしてます。落ちないか心配ですが、わかっているようで、大丈夫でした。

画像



幼鳥でも大きな個体はすでに羽ばたきの練習を始めてます。

画像


この位の大きさになると、天敵から襲われることは少ないようで、子供だけでお留守番しつつ、親は餌を探しに行くそうです。問題なのは、この日3時間ちかく様子を見てましたが、結局親は帰ってきませんでした。
これからは餌もさらに必要でしょう。無事に巣立ちまで行ってくれることを願いました。

こちらはまだ親が居る巣と子供です。見ての通り、子供はまだ小さくてここは2匹ですね。
時折、親に餌をねだるのですが、この親はガード役なんで餌は与えません。
画像


画像


こちらの巣はさらに子供が小さいようです。まだ全然顔を見せませんし、親の羽毛の中に隠れます。そこに餌を捕ったお父さんのご帰還です。
画像


相変わらず熱熱ですね。

画像


スキンシップもそこそこにお母さんの順番です。これから餌を捕り、自分の食料と子供の食料調達に出発です。

画像

 
結局この日はなかなか給餌のシーンは見れませんでした。が、、とても興味深いシーンを見ました。

アオサギのちょっと貧疎な巣がある枝の先端にシラサギが止まりました。アオサギの子供は2匹でそれはすごい声で威嚇してます。
画像



画像


一体なに?って見ていたら、わかりました。なんとアオサギの巣の材料である枝をシラサギが拝借しようとしたようで、それで子供が怒ってました。
画像


この後ですが、子供の怒りは収まることなく威嚇するし、枝は取れないということでシラサギの方があきらめました。

画像


画像


画像



次は、まじめなシラサギさんを。枝を咥えて巣に戻り親鳥です。こんなに小さな枝だとどれだけ材料が居るでしょうね。
画像


まぐれでほぼ真正面からの飛翔が撮れました。なんか変です。(笑)
画像


最後は、来週へつながるカットを。梅雨前の早朝は放射冷却があると結構な朝露が居ります。朝露を纏った昆虫を狙いに行ったのですが、途中とてもきれいな朝靄を見ました。池の水面から沸き立つ靄とカモのコラボです。

画像


画像


以上で今週の更新は終わります。来週は上にも書きました通り、朝露を纏った昆虫の予定です。。(^^)



ブドウ虫<ホワイト巣あり> [釣り餌(えさ) 渓流エサ ぶどう虫 川 渓流釣り 活き餌]
Blue Earth Fishing
商品詳細商品説明定番のブドウ虫。 白くて柔らかくて大きい虫。対象魚は、イワナ・ヤマメ・アマゴマス・ハ

楽天市場 by ブドウ虫<ホワイト巣あり> [釣り餌(えさ) 渓流エサ ぶどう虫 川 渓流釣り 活き餌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ナチュラルペットフーズ 野鳥用巣箱N202 《野鳥の飼育に》【鳥 巣箱 エサ場】
アヴェル楽天市場店
【商品名】 ナチュラルペットフーズ 野鳥用巣箱N202 【メーカー】 ナチュラルペットフーズ 【商品

楽天市場 by ナチュラルペットフーズ 野鳥用巣箱N202 《野鳥の飼育に》【鳥 巣箱 エサ場】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。今日は少し暑さが和らいでますがヤハリ蒸し暑いですね。(笑)
アオサギの子供達、良く撮れてますね〜レンズは何をお使いになったのでしょうか?…それに、この巣には丁度花が咲いてて珍しいですよね。
シラサギが他の鳥の巣にちょっかいを出すなんて自然界の営みも面白いですね。そういえばシラサギ、特にコサギの減少が全国的に激しいようで心配です…此方でもいつでも見られたたコサギが最近は見掛けなくなりました。
最後の朝靄、いいですね〜メルヘンチックな作品、大好きです。♪
気楽人
2017/07/30 15:40
気楽人さん、こんばんは。
いつも素敵なコメントありがとうございます。こちらは先週から猛暑で本当に暑いです。2階の部屋とか、エアコンを入れないと37℃になることあります。

今回の撮影ですが、Nikon1に純正の70-200oを使いました。フルサイズ換算だと500oということになります。
光に余裕があり、ちょっと絞れたこともよかったようです。

サギの世界、いろいろありますね。以前は枯れ枝も豊富でしたので、他人様の巣から持っていこうなんて輩は居ませんでしたが、今年はよほど大変みたいです。

コサギですが、此方も少ないようです。絶滅だけは避けてほしいですね。朝靄、秋口だともっと良かったろうな〜と想像しました。
dp4wd
2017/07/30 20:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
アオサギの子供達 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる