四万十、第21回全日本トンボフォトコンテストの結果発表。

みなさん、こんばんは。先日の佐賀のトンボコンクールに続き、高知県の中村市で開催された、全日本トンボフォトコンの発表がありました。
このコンテストは、佐賀のコンクールより歴史があるコンテストで、二つの部門で審査があります。私が応募した部門は、写真のサイズが四つ切もしくは四つ切ワイドとなってます。
そのため、トリミングをすると画質的に不利になる上、ちょっとしたブレやピントの甘さも作品の出来に影響してしまいます。

去年からデジタルカメラで応募しておりますが、今年はアンシャープに頼らない自然なシャープネスを心がけて、フィルム調でプリントしたつもりです。(笑)

では、結果の方を報告します。
これが今回銀賞をいただいた『朝のパトロール』です。
早朝6:00頃に止まっているチョウトンボに近づき、ひらひら飛びはじめた所を撮影しました。
カメラはD50で、ストロボ調光をしてます。レンズはシグマのズームレンズ17-70mmです。
画像



今回は、全部で5点応募しておりましたが、銀賞をいただいた他の中から、3点が努力賞でした。
『秋色のカップル』これはネキトンボの産卵風景を撮影したものです。
画像



『一網打尽』こちらは、上の二匹が交尾して飛びだった瞬間、他のオスが邪魔をするため攻撃を仕掛けたところです。すると、運悪く3匹ともくもの巣にかかってしまいました。
画像



『滑空』 実は、この作品が私の一押しでした。未成熟なハグロトンボは社寺林などで過ごします。ちょうど社寺林の横の公園に出てきた個体を撮影したものです。
地面スレスレを飛行するため、カメラをほぼ水平に構え一緒に走りました。(笑)

画像


これで、今年のコンテストも終わりました。今年も頂上には上れませんでしたが、新しい挑戦が成功して、ほぼ満足でした。
来年は、また何かを見つけてチャンレンジしようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

天文中年
2007年10月30日 08:06
おはようございます。
そして、四万十「銀賞」おめでとうございます。
どの作品もすばらしいですね。♪
それにしても、5点投稿して、銀賞1点、努力賞3点は凄いですね。
確立8割ですね。
来年も師匠を大きな目標にしたいと思っていますので宜しくお願いいたします。m(__)m

最後に本当におめでとうございました。♪
気楽人
2007年10月30日 11:34
dp4wd師匠、全日本トンボフォトコンの入賞おめでとうございます。各賞、総なめですね!本当に凄いと思います。…まぁ私の師匠ですから当たり前かも知れませんが…それにしても同じ機材を使ってるのに弟子は全く情けない状態です。…不肖の弟子を持ったと思って諦めてください(笑)
これからも、ご活躍を楽しみにしております。
dp4wd
2007年10月30日 20:25
天文中年さん、気楽人さん、こんばんは。
早速のお祝いをいただき、ありがとうございます。m(__)m

天文中年さん、
天文中年さんも初応募ながら『銅賞』とのこと、恐ろしく快調な滑り出しだと思います。
来年も納得できるカットで応募できるよう、お互い頑張りましょう。。

気楽人さん
今年も佐賀と四万十だけは応募しようと頑張ってました。幸い、納得できるカットで応募出てきたのが、何より嬉しいです。
正直、一押しがもう少し上だったら、さらに嬉しかったのですが、仕方ないですね。
気楽人さんは、今年なかなかトンボに会えなかったようですが、来年はたくさん会えるといいですね。
とおりっぐ
2007年10月31日 00:46
dp4wdさん、こちらでもあらためて、おめでとうございます。
3枚目は初めて見ました。これまたドラマチックなシーンを捉えましたね。
2枚目のネキトンボ、この作品のお陰で、アキアカネとネキトンボの違い、
(羽根の根元が黄色いからネキ?)が判るようになりました。
同じトンボを撮りながら、常にチャレンジして進化するdp4wdさんは素晴らしいです。
dp4wd
2007年10月31日 11:33
とおりっぐさん
お祝いのお言葉、ありがとうござます。
もうかれこれ20年近くトンボを撮影していると、正直新鮮なシーンなどにめぐり合える機会はほとんど無いです。
そんな状況の中、GX8での虫の目撮影は広角接写&飛翔という新しい表現方法を習得する事になりました。その表現方法をデジタル1眼で使ったのが今回の銀賞と最後の飛翔でした。
今回はこの方法がアドバンテージになったようですが、来年はまた何か考えないと駄目でしょうね。
最後に3枚目は本当に運がよかったです。もちろん撮影後は3匹ともレスキューしました。(笑)
電気蛙
2007年10月31日 18:02
あ、あれ?書き込んだつもりが、、、、。
このつもりって記憶がもう怪しい歳に、、、。
何を書いたつもりだったのかも忘れました。(笑)
差し当たり、広角接写は色物的に扱われたり、逆にこの技法に依存しすぎたりした作品が目立って安直では却下されたりする時もありますが、今回に関してはアドバンテージとなって非常に良かったと思います。

ちなみに私が広角接写使うのは、その情報量もあるものの、望遠系ではピンや角度等がシビア過ぎて、もし飛翔系が写るとすれば、広角接写だけだ!という後ろ向き手法ですので、この辺脱さないととあせっております。(笑)
dp4wd
2007年10月31日 19:37
電気蛙さん、こんばんは。
言われるとおり、広角接写は好き嫌いがはっきりするかもしれませんね。今回は被写体に寄れたため、大きく写っていた事もよかったと思ってます。
それに比べると、望遠レンズの場合はまた全く違った形のアプローチとなりますので、両刀使いは結構大変ですよ。(笑)
神野公園
2007年11月01日 14:52
はじめまして、私も佐賀のコンテストの方で通知を頂きました。
初めてブログ拝見させて頂きましたが素晴らしいですね。
感動しました、これからも拝見させて頂きます
dp4wd
2007年11月01日 19:31
神野公園さん、はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。
狭い佐賀ですから、どこかでお会いしていたかもしれませんね。
来シーズン、お会いしたときは、宜しくです。(笑)

この記事へのトラックバック