最近撮影したカット。。

トンボの季節も終わり、熱気球も終わり、例年通りここ数週間はボーっとしている事が増えました。やはり、昆虫同様気温が暖かくないと駄目みたいです。(笑)

とはいえ、ブログのネタでも探そうと、先週からうろうろしてました。そんな取り止めも無いカットばかりですが、アップします。

まずは、タムロンの古ーいレンズを持ち出して撮影したカットから、タムロンの90mmマクロは大変有名で、私もAFタイプを2種類所有しております。
今回持ち出したのは、このマクロレンズの元になったレンズでSP90mm/F2.5というレンズです。ピント合わせはもちろんMFで、レンズの名前に『マクロ』はありませんが、発売当時からポートレートマクロと呼ばれてたレンズです。
私は、友人から譲っていただいた中古と、ヤフオクで手に入れたものの二つを持ってますが、いずれも絞り開放からやわらかくかつシャープな描写をしてくれます。

そんなレンズをD80につけ、露出もピントもマニュアルで撮影しました。
終わりかけたコスモス畑で、いきなりモンシロチョウを発見です。(笑)
絞りF2.8で撮影
画像


現像していてそのシャープさに驚きました。上のカットの100%からの切抜きです。
画像


コスモス畑を後にして、山の裾野を散策しました。
すると、モンキチョウ?と寿命末期のアカネを見つけました。
画像




画像


しばらくうろうろしていたら、黄色い花の群生を見つけました。
あいにく1眼用のレンズに手持ちが無く、コンデジに魚眼コンバーションレンズをつけてちょっとズームし、広角風に撮影してみました。
こんな花です。(タムロンSP90mm/F2.5)

画像



画像



ここで日付けが変わりますが…。
この日はちょっと本格的に山に入り、山の御神木を見に行きました。
合瀬というところに、『大カツラ』があり、ちょうど紅葉してました。
看板によると、樹齢は100年だそうで本当に大きな木でした。
説明看板と御神木です。あっ、、今回もコンデジ+魚眼コンバーションレンズです。(笑)
画像



画像



きれいな紅葉の部分を切り取ってみました。

画像


結局、うまく撮れませんでしたが、御神木の大きさには圧倒されました。
カツラに近づくと何か力があるような気がして、失礼にならないように恐る恐る見てました。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とおりっぐ
2007年11月18日 22:29
古いレンズには見向きもしない人が多いですが、銘レンズはデジタルでもホントにいい画質になりますね。
タムロンの旧90mmは恐ろしい解像度ですね。
ボケもタムロンらしく柔らかくていいです。

コンデジ魚眼の御神木は、不思議な作品です。
水中から見上げているみたいです。
木からオーラが発せられているようにも見えますね。(笑)
気楽人
2007年11月18日 22:38
タムロンのSP90mm/F2.5素晴らしくシャープなレンズですね。流石に名玉の前身だと思いました。やはり、いいレンズは誰でもが認めるんですね。

それから『大カツラ』は凄いですね~作品も師匠らしく幻想的な感じで素晴らしいです。
dp4wd
2007年11月19日 06:51
とおりっぐさん
タムの90mmですが、銀塩時代は印象はシャープさよりもボケ味の良さが有名でした。ですから、デジタルだと絞り開放はあまいだろうな~と言う先入観がありました。しかし、一度使ってみてびっくり、ボケ味の良さよりもシャープネスの良さに驚きました。
御神木ですが、回りは杉の林に覆われてます。その杉が台風や大雨から守っているようでした。

気楽人さん
タムの旧90mmは3世代あります。すべて同じ構成ですが、3世代目はユーザーからの要望で復活したものです。新品でも当時¥39800で買えました。ですから、AF派は見向きもしてませんでしたね。(笑)

『大カツラ』が自生している場所ですが、10月に市町村合併で同じ佐賀市になりました。それで、存在を知る事となりました。山間部の面積がかなり増えましたので、他にも隠れ名所がありそうです。(笑)
電気蛙
2007年11月19日 20:22
52BBは会社の人から借りたことがありますが、シャープさには驚きました。
この設計のままにヘリコイド繰り出せば接写リング同様に伸びていく思想でレンズ作って欲しいくらいです。(笑)
コーティングの面もあるので、まさしくその思想のままにDi化して欲しいですね。

魚眼コンバージョンの方は感動しました。
収差がこれほど味になるとは!!
オーロラみたいです。
信州ぺこ
2007年11月19日 21:48
dp4wdさん、お久しぶりです。

ちょうど撮影の端境期?とのことですが
いろいろな被写体を精力的に撮られているようですね。
また真冬になったら霜マクロにチャレンジされるんでしょうか。

カツラですが、シルエットを見て何本か
木が集まっているのかと思いましたが
どうやら一本の巨木とのこと。
葉の緑もきれいですが、周りの木の影の
うねりがとても幻想的な雰囲気をかもし出していて、しばし見とれてしまいました。

それとバルーンの撮影のコメント
私もとても参考になりました。
佐久の時は結局飛ばず、撮れませんでしたが
スピード感があったり、場所が移動したりと
実際の撮影はなかなか動き回らないと
いけないようですね。
機会があったらまたこちらを読み返して
挑戦してみたいと思いました。
dp4wd
2007年11月20日 06:41
電気蛙さん
52BBはマクロの名前が無いのが不思議なくらいシャープですよね。
最新のデジタル対応のレンズに比べてたら、フレアーはよく出るようですが、年代を考えれば大満足です。(笑)
以前、タムロンの営業マンが52BBを絶賛していたのが、今になって分かる気がします。(笑)
魚眼コンバーションレンズですが、どうも私は収差が気にならない人みたいで言われるまでこんなものか~と思ってました。(汗)


信州ペコさん
霜の撮影でしょう。。そうですね~。たぶんまた撮るとは思いますが、今年は何か変化をつけないといけませんね~。
カツラですが、他の説明文には26株が1本の木をなしていると書いてありました。ですから、信州ペコさんが想像されたとおりですよ。
バルーンの撮影残念でしたね。バルーンの撮影の面白さと難しさは、一発勝負でなかなか撮りなおしが利かないところです。その場その場でベストなシーンを見つけ撮影するしかないので、カメラマンとしての腕がモロに作品に影響します。
しかし、確実にステップアップすると思いますので、次のチャンスをぜひ物にしてください。

この記事へのトラックバック