霧の朝

先週の土曜日のこと、朝焼けを撮影しようと外を見ると、凄い霧が発生してました。
どうも、前日の夜中にちょっと雨が降った後、放射冷却のため空気中の水蒸気が顔を出したようです。

早速、撮影にと準備をしたものの、外をよく見ると霧の水滴が見えます。さすがに1眼レフを持ち出すには勇気が必要で、コンデジを持って自宅を出ました。
カメラバックを肩から掛けて自転車に乗ったのですが、顔や洋服に冷たい水滴がつきます。

撮影地はいろいろ考えましたが、この霧だとどこでも一緒かな~と思い、自宅から自転車で2分の旧国鉄の駅の跡にしました。

では早速霧の状況ですが、こんな感じです。視界10mってとこですかね。
画像


霧の朝は、いろいろなものが違って見えますが、私が好きなのは蜘蛛の巣です。(笑)
蜘蛛の巣にたくさんの水滴がついてます。
画像


水滴が付いていないと、たぶんこんなに綺麗には見えないでしょうね。(笑)
画像


この日は、太陽がなかなか出てこなかったことと、風がなかったことでこの後も霧が晴れる気配がありませんでした。そこで、マクロ探検隊で蜘蛛の巣に付いた水滴を撮影することにしました。

この日は、太陽の光が弱かったこともあり、モノトーンぽい世界で水滴もとても変わった雰囲気になりました。

まん丸の水滴が付いてました。
画像


鈴なりです。(笑)
画像


何か分子の世界に見えませんか?
画像



惑星のように見えなくも無い?
画像



こうしてみると、マクロの世界は小宇宙のように見えますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月23日 12:14
水滴の世界、素晴らしいパターンです。仰るとおり分子の世界、小宇宙に見えます。この辺が師匠の感性の凄いところで、水滴作品は以前にも素晴らしいものを拝見していますし師匠の右に出る人は居ないのではないでしょうか。
dp4wd
2008年11月23日 18:16
気楽人さん
いつもコメントをいただきありがとうございます。m(__)m
良かったです。私が感じたものが伝わったようで…。。
今回、うまく作品に出来た最大の要因は、天候が悪かったことにほかなりませんね。
この撮影の後、さすがにコンデジの調子が悪くなりましたが、1日日陰干ししていたら復活したようです。(ホッ)
コンデジの小さなCCD+最小絞りでも、被写界深度は激浅でしたが、1眼レフではなかなか撮れない世界かな~と思ってます。
2008年11月23日 21:12
昨日、こちらの記事を拝見し、コンデジ大丈夫?
と思いましたが… やはり。。。
でも、復活されて何よりです。
僕もこういう画が好きなんですが、こういう被写体こそコンデジが活きるんだなぁ… と思いました。
一眼だったら苦労する被写体なんでしょうね。
コンデジはメモ代わりや一眼を持ち出しにくい場面でしか使用していませんでしたが、被写界深度が深いコンデジこそ有利なんですね。
こんな天気は稀ですが、楽しみ方を一つ勉強させて頂きました。
dp4wd
2008年11月23日 21:34
hiroさん
コンデジですが、使う前から不調になることは想像してました。最初こそ、ハンカチで巻いてましたが、ミリ単位のピント合わせでは、ハンカチが邪魔になりはずしてしまいました。
コンデジですが、私も普段はメモ代わりに使うことが多いのですが、今回はコンデジだからこそ撮れた被写体でしたね。
こうしたシーンはそうそう見れないと思いますが、次は更なる工夫をしたいところですね。
2008年11月25日 11:37
dp4wdさん、こんにちは。
うわぁ~、きれいですね。
私もこんな写真が撮れるんだったら、クモの巣大好きになりそうです。
真珠のネックレスに見えたりします。
陽が差し込んだりすると、更に高級ジュエリーに・・・。
dp4wd
2008年11月25日 22:31
Mrs.パターソンさん
こちらまでコメントをいただきありがとうございます。
クモの巣ですが、霧や靄が出るときはぜんぜん違う顔を見せますね。
もし、チャンスがあればぜひ撮影してみてください。

この記事へのトラックバック