1眼レフ用のワイコンの話。

今回は、、ちょっとしたものを購入しましたので、そのレポート(というほどのものではないですが)をお届けしたいと思います。

私は、リコーやNikonのコンデジに、種々のワイコンを使っております。ワイコンは、マスターレンズの画角を広げることができる反面、画質的にはレンズ同士の相性もあり、一朝一夕にはいきません。

そんなワイコンですが、なんと、、Nikonから1眼レフのレンズ用としてリリースされました。(驚)
ワイコン装着を可能としたレンズは18-55mmズームレンズ。そうです、ダブルズームやレンズセットとして売られている決して高級なレンズではなく、むしろ一番安いリーズナブルなズームレンズです。(笑)
ただ、値段の割りに写りはとてもよくて、小型ということもあり、愛用されている方も多いようです。

私は、このレンズを虫の目用のマスターレンズとして持ってましたので、、これはとばかりに飛びつきました。


ではそのレンズですが、その前に箱の状態を…。なんと立派な箱でしょう。。(笑)
画像

このワイコン、箱の記述のとおり、×0.75倍のワイコンです。
コンデジ用のワイコンは通常1.5万~2万円ほどの値段設定なんですが、このワイコンはなんと9800円でした。

では、ワイコンそのものの画像をご紹介します。
左はレイノックスのセミフィッシュアイで、右が今回購入したNikonのワイコンです。
画像


次に真上から、同じく右がNikonのワイコン。前玉の大きさはさほど変わりませんが、マスターレンズへの取り付け部のレンズが大きいのが分かります。(Φ52mmですから。。)
画像




次はボディに18-55mmを装着し、それに各レンズとつけた絵です。
まずは、レイノックスのセミフィッシュアイです。
画像


次は、Nikonのワイコン。これが本来の姿ですね。(笑)
画像



このワイコン、装着することによりマスターレンズの焦点距離が広がります。ちょっと計算すると。。
18mm×0.75(ワイコンの倍率)×1.5(35mmフィルム換算)=20.25mmということになります。
私はシグマの14mmという超広角の単焦点レンズを持ってますので、このレンズとほぼ同じ画角ということになります。ただ、このレンズとても大きいことと、何よりフィルム換算21mmの単焦点で撮影したい被写体はそうそう見つからず、結局使わずじまいになってます。(汗)
ところが、今回のように18-55mmに装着できるとなると、21mmの世界をもっと気軽に楽しめそうでしたし、何よりメーカーが純正で出したのですから、まともに写ると信じて購入した次第です。(笑)



では、実写の画像を貼ります。

18-55mmにワイコンを装着し、18mmで撮影しました。絞りは開放ですので、マスターレンズとの相性が一番顕著に出てます。
画像


やはり、歪曲収差がでますね。しかし、画面四隅でも結構ちゃんと絵を結ぶようです。

比較の意味で、セミフィッシュアイの絵を貼ります。(18mm絞り開放です。)
画像


さすがセミフィッシュアイ。歪曲収差はさらに凄いです。
ただ、セミフィッシュアイレンズの後玉が小さいせいで、しっかりケラレます。(汗)

そこで、マスターレンズをケラレがなくなるくらい望遠側へズームしました。
画像


う~~ん、やはり四隅は辛いですね。もう少し望遠側にシフトすれば良さそうですが、そうなるとフィッシュアイらしさが減っちゃうし…。。


18mmからのズームというと、先日購入したタムロンの高倍率ズームもありました。
きっと駄目だと思いますが、折角ですからテストしてみました。(笑)

まずは、セミフィッシュアイです。(2つのアダプターをつけて取り付けました。)
画像


ある意味、円周眼ぽい画像ですが、画角は足りませんし、何より相性が悪く中心以外ボケボケですね。(笑)
なお、このケラレはセミフィッシュアイの後玉の小ささに起因してますので、ちょっとズームしたくらいではケラレはなくなりません。


ラストは、純正ワイコンです。
画像


はい、、やはり相性は全く駄目ですね。(笑)
上の18-55mm+ワイコンの絵と比べると、全く解像してません。


まとめです。
このワイコン歪曲収差がでるのは難点ですが、約21mm相当の画角がそこそこの画質で楽しめるのはとても面白いと思いました。
AFもAEもちゃんと効きますので、カメラバックに忍ばせておき、気が向いた時に使うのも良さそうです。
なお、歪曲収差はレタッチソフトの力を借りれば、ほとんど気にならなくなります。
とはいえ、正直強くお勧めできるものではないですね。(大笑)


番外編です。
セミフィッシュアイ、これって使えそうに無いですが、24mmの単焦点レンズにつけるとケラレもなく使えるんですよ。
24mm/F2.8 +セミフィッシュアイ(絞り開放)
画像


以上、ちょっとしたテストでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2008年12月03日 23:52
結構、写りがいいようですね。また楽しみが増えたようで羨ましいです。

デジカメウオッチに最近コンデジ用のワイコンが出ていましたが使えるのでしょうか?(ファンファ社製?) 35㎜→28㎜に出来るとか。0.7倍とか出てましたが28㎜のコンデジにつけた場合は使えないように思うのですが…
dp4wd
2008年12月04日 08:25
気楽人さん
さすが、Nikon純正です。(笑)
歪曲収差以外は本当に普通です。通常のワイコンと違い、後玉側から覗いた感じがかなり違うので、レンズ自体の構成も違うようです。
歪曲収差も虫の目などに比べれば、何てことないレベルですので、実写が楽しみです。

デジカメウォッチのワイコンの件ですが、記事を見つけることが出来ませんでした。(汗)
ワイコンと聞けば気になりますので、もうしばらく探してみます。(笑)
2008年12月04日 11:18
11/21(金)のニュースに出ています。(バックナンバー)
ファンファジャパン社のコンデジ用望遠及びワイコン。
とおりっぐ
2008年12月04日 21:47
dp4wdさん

おお、ついに来ましたね~(笑)
この写りはやはりというか、さすがNikon純正ですね。
これなら食指が動きます。
Fマウントはこれにして、12-24mmはPentaxに買い換えようかな~(笑)

あとは純正の特権で、NXのV-upにより専用の歪曲補正も追加されるといいですね。

そうそう、24mm単焦点に、この純正ワイコンで18mmというのはどうでしょう~??(笑)
dp4wd
2008年12月04日 22:23
気楽人さん
バックナンバー拝見しました。ファンファジャパン社のワイコンですが、ケンコーのワイコンに似ているようです。全く々ものではないですが、マクロレンズになるところなど、本当にそっくりです。
実は、以前ケンコーのものをヤフオクで買ったことがありますので、よく似ている点が分かりました。

さて、その性能ですが、口径の小ささを考えるとさすがにベストとはいかないと思います。
ケンコーの製品については、いうまでもなく最悪ですぐにばらしてしまいました。(笑)
dp4wd
2008年12月04日 22:28
とおりっぐさん
今回は室内のテストだけで、あまり参考にならなかったと思います。が、、意外と使えそうな予感はしてます。(笑)
というか、この値段でこれですか~というような作品とりたいものですね。(笑)
それと、、24mmにワイコンですが、アップしませんでしたが、テストしましたよ。その結果ですが、正直かなりよかったです。
たた、18mmというと27mm相当なんで、焦点距離的にあまり新鮮味が無いかな~と思い、載せませんでした。(笑)
2008年12月05日 20:04
dp4wdさん、こんばんは
フィッシュアイや広角はdp4wdさんのお得意分野ですねぇ。

僕も画の面白さに購入したものの…
暴れ馬のようで使いこなせません。
 (^_^;)
でも、この記事のように、あ~じゃない、こ~じゃないやっている時って楽しいですよね。
dp4wd
2008年12月05日 22:16
hiroさん
ワイコンやフィッシュアイ、数年前までは私も決して好きな分野ではありませんでした。
ところが、虫の目レンズを本気モードになったとたん、それが普通になってしまいました。(笑)
何より、たくさんの人が使ってないところがよくて…。このワイコンも本来ネット販売だけでした。しかし、実際には店舗での購入ができました。
まぁ、どう考えてもそれほど売れるわけ無いですね。(笑)

明日あたり屋外の実写をと思ってますが、どうも真冬のような天候らしく、撮影どころでは無いかもしれません。(笑)

この記事へのトラックバック