トンボ撮影日記2009 Vol.17(チョウトンボの飛翔の巻)

今年たくさんの羽化を撮影したチョウトンボ、場所によっては未だに羽化しているようですが、私のホームグラウンドではすでに交尾の季節となっております。

毎年撮影しているトンボですから、少しは変わったシーンを撮影しようと思うものの、なかなか簡単にはいきません。そういうわけで大して代わり映えしないカットですが、ぜひ覗いてみて下さい。

オスのチョウトンボですが、見てのとおり羽根がかなり痛んでます。
画像


こちらはメスです。色調がかなり渋いですが、金色に光る羽根私は大好きです。

画像


では、毎度代わり映えしない飛翔です。(笑)
画像


正面から
画像


このくらい近くを飛んでくれると嬉しいのですが、微妙に被写体ブレしてますね。

画像



このカット飛び立った瞬間です。1/400秒でシャッターを切りましたが、見事にブレてますね。

画像




こちらは交尾しているカップルに別のオスがちょっかいを出しているところです。
2匹つながっていてもかなり動きが早く、このカットは1/320秒できりました。
画像



飛翔ネタつながりではありませんが、ウスバキトンボもたくさん飛んでました。
チョウトンボの撮影に比べれば、かなり撮影しやすいです。(笑)
画像



以上で今回の記事は終わります。
そろそろ梅雨も末期、あまり降らないといいのですが…。



超精密な作りは手作りだから。原寸大のおおきさ。日本のとんぼ達 ハッチョウトンボ
e-おもちゃ・雑貨Shop
超精密な作りは手作りだから。原寸大のおおきさ。パッケージに体長・分布地・とんぼの説明が印刷されていま

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月06日 22:21
dp4wd師匠、いつも素晴らしい作品を有難うございます。
チョウトンボは何とも魅力ある被写体ですよね。此方でも発生して来てますので何とか撮ろうと思っております。♪
それにしても交尾飛翔は凄いですね!! 大体、交尾自体が撮れません。(汗)
dp4wd
2009年07月07日 06:38
気楽人さん、おはようございます。
チョウトンボ、とても独特の色調は被写体として持って恋ですね。(笑)
飛翔撮影は、のんびり飛んでいるかと思えば、すごいスピードで飛ぶことがあったりで、なかなか思うように撮影できません。
だからこそ、毎年チャレンジするわけですが、望遠系のレンズではなかなか思うようにいきませんね。(笑)

交尾については、交尾事態の時間が短いこと中には飛翔しながら終わってしまうものがあったりで、本当に難易度が高いです。
今回はほとんどまぐれですので、何とか狙って撮りたいものです。(笑)
2009年07月08日 12:51
チョウトンボ、2枚目のメスは本当に綺麗です。
そして飛翔ですが、何かますます磨きが掛かってますね(汗)
簡単に撮れるものじゃないことは容易に想像できます。
飛び立つ瞬間はスピード感ありますね。これを画面の真ん中に納めてしまうところが凄いです。
ウスバキトンボは撮った事がありますが、飛翔をそのサイズで撮るのは不可能です。(笑)
dp4wd
2009年07月08日 22:31
とおりっぐさん
いつもコメントありがとうございます。
メスのチョウトンボ、成熟すると本当に綺麗です。どうしたらこんな色になるのというくらい金色になります。(笑)

チョウトンボの飛翔ですが、毎年撮影してても難しいです。正直、半分以上は運ですね。
飛び立つ瞬間も、本人的にはまだ大丈夫だと思ってシャッターを切ったのですが、見事にタイムラグで遅れてましたね。
それがたまたま面白結果となりましたので、良しとしましたが、同じシーンはまず無理ですね。
ウスバキトンボ、必ずといって良いほど人懐っこい個体が居ます。この個体にめぐり合えれば、飛翔の撮影も割りと簡単ですよ。(笑)

この記事へのトラックバック