トンボ撮影日記2009 Vol.20(湿原であったトンボたちの巻)



ハグロトンボの記事が続き、私自身ちょっと飽きてきました。というか、そもそもトンボばかりというのが難点ですが…(笑)

というわけではありませんが、今回は湿原で撮影したトンボの記事です。
湿原ですが、佐賀には樫原湿原がありますので、そこで撮影しました。

この時期は湿原特有のトンボが見られますが、モートンイトトンボは残念ながら撮影できませんでした。
居るには居たのですが、場所が悪くあきらめました。

で、撮影できたのは、日本で一番小さいトンボハッチョウトンボでこちらがオスです。
赤い色がとても綺麗な体長2cmほどのトンボです。
画像



メスはこちら、アブのような模様です。
画像



ハッチョウトンボ、天候がいい日のお昼頃になると交尾するようです。


画像




他にはキイトイトトンボのカップルも居ました。
画像



ここまで撮影して天候が徐々に悪くなりました。
帰ろうか考えていたところ、杭の上に変わった虫を発見!!

画像


手がないので口で手入れするんですね。

画像



以上で湿原のトンボは終わりです。
次は、、またハグロかな~(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月20日 23:05
dp4wd師匠、いつも素晴らしい作品をありがとうございます。少なからず恐縮しております。
ハツチョウトンボもキイトトンボも未だこの目で見たことがありません。いづれも2-3cmの小さいトンボらしいので居ても見逃してしまうかも知れませんね。(笑)
dp4wd
2009年07月21日 19:19
気楽人さん、毎度毎度の駄作ですから、どうぞお気になさいませぬようお願いいたします。m(__)m
ハッチョウトンボは小さいだけでなく、産地が限定されますから、見るのはちょっと大変かもしれません。
こちらでも交尾をしている個体を探すのは結構大変です。
一方、キイトイトトンボはそれほど珍しい種類ではありませんので、ひょんなところで会えるかもしれません。
天文中年
2009年07月21日 21:23
こちらでは、お久しぶりです。

交尾の写真いいですね。♪

ハッチョウトンボ、私もこの前撮りに行きました。
結構、私の行ったフィールドは結構、大変な場所で
泥んこになりました。(笑)
今シーズン、もう一度撮りに行く予定なのですが。
何とかこのトンボの小ささを表現する手は無いか
模索中です。
いろんな方のハッチョウトンボの写真を拝見しますが
私を含めてこのトンボの大きさを表現するのは
難しいですね。
いい手があったら教えてください。(笑)

dp4wd
2009年07月21日 22:33
天文中年さん

ハッチョウトンボ、大きさを表現するのは確かに難しいですね。比較対照になるようなものがあれば、いいのかもしれませんが、ハッチョウトンボより大きいものがいいのか、それとも小さいものが良いのか、何を撮るかによっても違いそうです。

私が以前拝見したもので、これはと思ったのはオスとメスがモウセンゴケに捕まっていた写真でした。
モウセンゴケの大きさ自体かなり小さかったのでインパクトは良かったのですが、よくよく見ると完全なるやらせ写真。。
呆れてものがいえませんでした。それ以来、私は大きさ表現にこだわってないです。

この記事へのトラックバック