海苔の支柱立てレポート その2

海苔の養殖の支柱立てに同行レポートその2です。

満潮時より幾分潮が引きましたので、これからいよいよ支柱立てが始まります。
立てる支柱、以前は本物の竹だったそうですが、今は樹脂製に変わってます。

親船に詰まれた支柱はこんな感じでした。かなり長いです。。

画像


画像


この支柱を親船で引いてきた船に積み替えます。これもかなりの労力が必要です。
画像



船は常時波で揺れてますので、バランスを取るだけでも大変です。
画像



いよいよ、小船に乗って立てる場所に移動されます。(私は邪魔になるので親船に残りました。)
画像


そろそろ支柱立てが始まる頃、仲間の方が手伝いに来られました。
画像



いくら樹脂製の支柱とはいえ、そのままでは深く干潟に刺さりません。
そこで、水の力を利用して、下穴を開けそこに支柱を立てます。そのための道具が見えます。
画像



下穴に支柱を立てている様子です。下穴があるとはいえ、見えないわけで探すのも大変でしょうね。
画像



写真でわかるとおり、支柱立てはすべて人力です。
そして、ちゃんとある一定の間隔で立てる必要があり、見ているだけの私はとても感動してしまいました。
正直、この頃から船酔いが始まってましてテンションは徐々に↓でしたが、そんなことをいえる状況では
ありません。

支柱立ての最中、頭の上を飛行機が何機が飛んでいきました。一部は長崎へ向かうもの残りは
有明佐賀空港へ着陸するためのものです。
海の上で見る飛行機もなんかおつなものです。(笑)
画像



ここで、レポート2は終わります。

残りはあと、、1回か2回になると思いますが、よろしくお願いします。m(__)m

この記事へのコメント

2009年10月02日 16:25
貴重な体験をされてますね。
誰にでも出来ることではありませんから…

船酔いですか。。。かなり堪らないようですね。
私などはバスの排気ガスを嗅いだだけで気分が
悪くなります。(笑)
2009年10月02日 22:03
dp4wdさん
第2弾お待ちしておりました。
それにしても、いやこれは重労働でしょうね。
腰痛とかならないのでしょうか・・・
体力の無い私は数本立てたらへばりそうです(爆)

立てた竿の並びも本当に職人芸ですね。

あと何気に最後から3枚目はスーパーショットかと思います。
レンズは何を使われたのでしょう??

同じ海の撮影でも私とはまったく逆で楽しげな作品、楽しませていただきました。
dp4wd
2009年10月02日 22:32
気楽人さん
はい、とても貴重な体験をさせていただきました。
ちょっと大げさですが、今の自分の仕事に対する甘さとか嫌というくらい感じました。
ですから、船酔いだから撮影しないなんて弱音は吐けませんでした。自分で決めて撮影に来たわけですので、もう2度と来れないかもと心に決めてただただシャッターを切りました。
dp4wd
2009年10月02日 22:37
コメントありがとうございます。
はい、、重労働なんてものじゃないです。次のレポートを見ると、本当に度肝抜きますよ。(笑)
1回の支柱立てで燃料もかなり必要なようで、体力もコストも半端じゃないです。
そんな、シーンを安直に面白そうだな~と思った自分の甘さを嫌というくらい思い知りました。
一回の支柱立てではいいところ50本ほど立てるようですが、これが数え切れないほどそれも綺麗に並んで立てる辛抱強さはいろんな意味で見習わなければと思いました。

さて、ご質問のカット、、これは18-250mmです。
というか、コンデジのカット以外すべてこれ一本です。(笑)

とりあえず、次回あたりでまとめなければと思ってますので、ぜひ見てください。m(__)m

この記事へのトラックバック