海苔の養殖支柱立て その3

海苔の養殖の支柱立ての記事、今回で終わりです。いつもより内容が濃いですがよろしくお願いします。

前回は、船の上から立てている様子をお届けしましたが、その後も潮はどんどん引いていきました。
それまで、親船に引いてきた船で立てていたのですが、今度はさらに小さな箱舟に支柱を積まれました。

画像



かなり小さな箱舟に積めるだけ積んで…。。私は相変わらず親船です。(汗)
画像


画像



この日は大潮という潮の動きが激しい日で、干潮時は場所によっては干潟が顔を出します。
ということは船での移動はできなくなるわけで、、、そうです。最後は皆さん海に入って作業をされました。

こんなに長い支柱を、海に入って…。本当に凄いです。
画像



海に入るのは男も女もありません。皆さん躊躇することなく入られてました。
画像



しかし、こうしてみると支柱って本当に長いですね。
画面奥の黒い部分は潮が引いた干潟です。
画像


干潮時を過ぎると徐々に潮が満ちてきます。
私が乗っている親船は、潮道と呼ばれているちょっとだけ深いところに止っているわけですが、
潮が満ちだすと、最初はそこだけ凄い勢いで潮が満ちてきますj。
これまで以上に揺れる船の上から、とにかくシャッターをきりました。

ちょうど太陽が雲に入りました。とても素晴らしいシーン引いたカットも。。

画像



さらに潮は満ちてきます。立てる人は再び船の上へ、その下では満ち潮で船が流されないように固定する人が…。。
画像


雲に隠れていた太陽が顔を出すと、とても美しいシーンが。
画像



アップ目で
画像


そろそろ、夕暮れが近づきました。それでも作業は続きます。
画像



夕日と支柱のコラボを

画像


もう一枚。
画像


この後、皆さん親船に戻られました。もちろん、海水に濡れたままです。
重労働から戻られたのに、私が退屈したのでは?と心遣いをいただきました。
正直、船酔いは結構辛かったのですが、重労働に比べれば何のことはありません。結局そのことは
話すことなく、自分なりの感想だけを少しだけ話をしました。

いよいよ、帰路につきました。
帰りはエンジン全開それは凄い振動でした。内臓全部に振動が伝わるほどの震えで船酔いはピーク。。(大汗)

振り返ると、そこにはとても素晴らしい夕焼けがありました。
これが最後だと言い聞かせ、数カット撮りましたが、なにぶん振動と暗い環境のですから撮れたのは
わずか1枚でした。
画像



港まであとすこし。。
画像


港に着き、丁寧にお礼を言って帰りましたが、本当にいい経験をさせていただきました。
普段何気なく食べていた海苔がこんな重労働の支えがあって成り立っていること、この日だけでなく
明日もあさっても続くと思うと、とてもじゃないですが、私にはできそうにないです。
さらに、養殖が終わると今度は支柱は抜くわけで…。。

わがままを言って安直な気持ちで乗せてもらった自分。。なんとレベルが低いことか…。
そんな私にずぶ濡れの奥さんからお土産に海苔をいただきました。

その日はさすがに何も食べることはできませんでしたが、翌朝いただいた海苔の美味しいこと。。

今回の撮影、今後のカメラマン人生に少なからず影響が残るだろうな~と思います。


最後に、オフカット2枚で終わりにします。
画像


画像




帆船模型パーツ帆船模型用「船台支柱セット 28mm×2本」(アマティ社)
フロムハンド
◆帆船模型パーツ    帆船模型用 「船台支柱セット 28mm×2本」 帆船模型用の船台の支柱セット

楽天市場 by ウェブリブログ

シマノ(SHIMANO) チタノス・タナトル小船 GT−2000 パーツ:本体B固定支柱(部品No.077)
ナチュラム 楽天市場支店
/g1003/g212/g301/m002/※パーツは在庫はしておらず、全て取り寄せの為、キャンセル

楽天市場 by ウェブリブログ

シマノ(SHIMANO) チタノス・タナトル小船 GT−3000 パーツ:本体B固定支柱(部品No.077)
ナチュラム 楽天市場支店
/g1003/g212/g301/m002/※パーツは在庫はしておらず、全て取り寄せの為、キャンセル

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

2009年10月06日 16:55
素晴らしいですね!! 正直、感動ものです。
きょう朝食に海苔を5枚食べましたが何気に食べてしまいました。この記事を先にみていたらもっと味わって食べたと思います。(汗)
大変な作業とは裏腹に何と美しい光景か!!…実に素晴らしいです。ジーンときますね。
dp4wd
2009年10月06日 20:13
気楽人さん、コメントありがとうございます。
今回の撮影、自分の仕事に対する姿勢もそしてカメラマンとしてもとても反省させられました。
そして、たくさんのことを学ばせていただいました。そういう意味でとてもよかったなと感謝しております。

カメラマンとしては、もう一度チャレンジしたい気持ちがありますが、もう少し精進してからでないとダメかな~と思ってます。

最後になりますが、有明海から見た夕日とても素晴らしかったです。一生の思い出になりました。(^.^)
2009年10月07日 11:23
こんにちは
興味深い、貴重なレポート拝見しました。
漁師さんのハードな仕事もさることながら、それに突撃同行されてアッパレです。
しかし大変な作業ですね。
何気なく眺めてらした漁港の風景も見方が変わってきそうですね。
あんな沖で腰までの水深、有明海は面白いです。
dp4wd
2009年10月07日 22:21
getten さん
コメントありがとうございます。私は興味本位の軽い気持ちでお願いしたのですが、こんな展開になるとは、思いもしませんでした。(笑)
言われるように、漁業に対する気持ちはかなり変わりました。
有明海、潮の動きが激しくて一番干満の差が出るときは6mも動きます。ですから、こんな感じになるんですよ。
2009年10月08日 00:32
dp4wdさん、こんばんは。
どのカットを見ても、dp4wdさんの気合が感じられますね。
船酔いで大変だったとは思いますが、支柱立ての作業を目の前にとてもテンションが上がられたのではなかと思います。

こんな作業は私から見たら別世界です。とても良いものを見せていただきありがとうございます。
本当にどのカットも素晴らしくて、まさに拍手ものですね!
dp4wd
2009年10月08日 20:33
とおりっぐさん

コメントありがとうございます。何度もチャレンジできな被写体でしたから、自分なりのベストを尽くすことだけに集中したつもりです。
しかし、どこかから回りしたのではないかと、反省する自分もいます。

ある意味、今の自分の限界がわかりよかったと思います。

この記事へのトラックバック