諸々の撮影。

今回はトンボネタから離れて紹介したいと思います。

では、いきなりはじめます。(^^ゞ

まずは尺取虫。。自宅のお隣さんの塀の上を移動中でした。(笑)
画像



次は蛍。。といっても乱舞ではなく1匹のクローズアップです。
画像


画像



次は、、アシナガバチが蝶の幼虫を肉団子にするシーンです。
いきなり幼虫に噛み付きます。
画像


あっという間に幼虫を噛み砕きはじめました。(これからは虫の目レンズで撮影しました。)

画像


この方向からだともともと幼虫だということがわかりますね。
画像


あっという間に肉団子に。。
画像


この後、巣へ持って返りました。(汗)
画像



次はアメンボです。
望遠レンズを使い水面ぎりぎりから狙いました。
まずは真横から。
画像


6本足ではなく4本足で浮いてます。
画像



こんな角度で撮影するとレーサーみたいですね。
画像



最後は昆虫ネタからはなれて。。(笑)

夕焼けで光る夕立です。

画像


画像


以上で今回の記事は終わります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2010年07月25日 15:59
いつもながら『目の付け所が→シャープでしょう』…うん!?どこかのメーカーの宣伝文句に…。(笑) 冗談抜きに素晴らしいです。
アシナガバチは虫の目で捉えるとスズメバチの仲間であるということがよく理解できますね。尺取虫は最初ヘビかと思いました。
dp4wd
2010年07月26日 22:44
気楽人さん
コメントありがとうございます。
アシナガバチ、見つけてから飛び立つまで約3分ほどの早業でしたので、とても驚きました。
ちなみに、作業中は虫の目レンズをどんなに近づけても攻撃どころか興味も示しませんでした。
よほど、巣に持って帰る餌が大事だったようです。

この記事へのトラックバック