春の野鳥たち

皆さん、こんばんは。GWがも残すところあと1日となりましたね。うちも子供たち3人が帰ってきて賑やかでしたが、すでに帰宅し今は静かな我が家です。(笑)


さて、今回は3月までに撮影していた野鳥をどっと紹介します。今見返すと今年はホントたくさんの野鳥に会えてました。

まずは、ジョウビタキのメスです。自宅からすぐ近くの公園に3匹ほどが住み着いており、何度も通うと慣れてくれますね。(^^)

撮影機材はD7000+300mm/F4やNikon1 1+タムロンの70-300㎜です。

つぶらな瞳がかわいいです。

画像


画像




画像



次は、初見の野鳥です。とても小さな野鳥で「キクイタダキ」という野鳥だそうです。
画像




画像



次は、福岡の埠頭で撮影したセキレイの仲間です。なんでも若い個体だそうです。これもV1+タムの70-300㎜です。
画像





画像


次は、地元の川に来るユリカモメです。今年は例年以上に来ているようで、皆さんの人気者でした。(^^)


画像


おじさんがパンくずを投げるとそれは大騒ぎになります。まるでパフォーマンスをしているようです。


画像


画像


望遠レンズだけでは面白くないので広角レンズで寄りましたが、全然平気でした。(笑)

画像


画像



私が撮影していると、食パンを持っていたおじさんが「面白シーンを見せるから撮影してや」と言われました。
何と、川の中に食パンを1枚入れたものだけらそれは大変なことになりました。

最初にパンを捕まえたカモメ、何とパンの上に乗るものだから…(良く見るとわかると思います。)

画像



結局パンは誰も食べる出なく、川の中へ消えたのです。そんなことも知らずカモメさんはまだ興奮状態です。(笑)

画像




あと数枚ユリカモメの生態を紹介します。

画像


画像



次はアオサギです。ちょうど巣作りの季節でした。

画像



アオサギ見ていると小さな野鳥を見つけました。ホオジロの御嬢さんのようです。

画像


近所の公園で見つけたシロハラさん、全然警戒していないようで300㎜ノートリで撮影できました。
片足で立ってますね。

画像




さて、ここで機材を変えます。NikonからP900というネオ1眼というジャンルのデジタルカメラが発売になってます。レンズ一体型のカメラなんですが、24㎜~2000㎜という信じられないほどの焦点距離をカバーしてます。
そんなカメラを友人が買ったのですが、ちょうどぎっくり腰になってしまい私が2週間ほどレンタルすることができました。
以下、そのP900で撮影したものです。

ジョウビタキも楽勝です。(^^)
画像




佐賀県の鳥、カササギです。

画像


2000㎜の威力、アオサギのカップルもここまで写ります。
画像


ど逆光の条件のモズ、ちゃんと露出補正するとしっかり写ります。

画像


朝焼けに光る川面を飛翔するカモ、AFでは無理だと思いましたが、ピントが合いました。(^^)

画像


正直これほど写ると、重い1眼レフと持つのが嫌になりました。


以上、野鳥様様でした。来週は今年初めの昆虫をご紹介します。(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年05月09日 15:07
家も師匠のところ同様、やっと静かになりました。…若干1名プラス2が残ってますが…(笑)
さて鳥撮りになった師匠、凄いですね~まるで本職のようです。「キクイタダキ」などはお目にかかるのさえ希だと思います。ジョウビタキのメスは可愛らしくて気品があり好きですね~。なにより驚いたのが『P900というネオ1眼』…冗談抜きにここまで写れば鳥撮りに一眼はいらないかもですね~凄い時代になってきましたね。
dp4wd
2016年05月14日 20:20
気楽人さん、うちは独身しかいない状態でこれですから困ったものです。そういう意味でもGWはどこも大変ですね。(笑)
今年は振り返ると我ながらいろいろな野鳥に会えたな~と思います。最後の使ったP900はあまりに凄すぎて次の冬はこれを手に入れないとなんか公開しそうです。(笑)
ただ、トンボに2000㎜はいないので野鳥専用マシーンになりそうです。

この記事へのトラックバック