水田の虫達

みなさん、こんばんは。dp4wdです。先週は珍しくリアルタイムな記事の投稿でしたが、今週からはまた数か月前にタイムスリップした記事の投稿となります。(笑)
季節的には夏真っ盛り、8月に撮影したものです。(^^)

今年の夏は本当に猛暑で38度超えの気温の日が続きました。おかげで日中の撮影はさすがに厳しく早朝に水田に出かけて撮影したものです。撮影日はのべ3日ほどのカットを編集して投稿しております。

まずは、稲の葉っぱで翅を休めるイトトンボからです。背景の雫が丸いボケになってます。撮影はNikon1なんですが、もう少しセンサーサイズが大きいと大きなボケになるところです。
画像


次は、蜘蛛。まるで星のようです。
画像


セセリチョウもいました。ロケット?スペースシャトル?そんなイメージですね。(笑)

画像


早朝の水田では、水を入れておられました。良く見るとカマキリがいます。何をしているのかとレンズを向けてみました。

なんか水浸しです。まさか顔を洗っていたとか、、
画像



触覚が濡れると嫌なのか盛んに舐めてました。
画像


あまり近づくと睨まれました。
画像


イトトンボと雫のコラボです。
画像


自宅まで帰る途中。田んぼの上でウスバキトンボの群れが飛んでいるところに遭遇しました。
どうもこの下の田んぼで集団で羽化したようです。

画像


画像


画像


そこで別の日、早朝の水田を探し回ると、1枚だけウスバキトンボが羽化している田んぼを見つけました。
画像


画像


しかし、、何とも面白くないカットですね。そこで、田んぼの持ち主に稲を倒さない約束で裸足で入ることを許可してもらいました。

そこで、本気モードで撮影開始です。
まだ朝日が昇らない時間帯なのにしっかり羽化してます。(ストロボ撮影)

画像


やっとわずかに明るくなりました。この位の明るさだと1眼レフでもぶれます。そこで、オリンパスのコンデジZX-2をRAWモードで撮影し、現像しました。
画像


画像


どんどん朝日が昇ってきました。
画像



画像


もちろん、虫の目レンズも持っていきました。
画像


画像


画像


いよいよラストです。なんと雫を大切に抱っこしたイトトンボを見つけました。
画像



以上で今週の更新は終わります。来週は蝶の予定です。



この記事へのコメント

2016年11月13日 17:43
「ウスバキトンボの群れ」…こういう光景を目にするとやはり環境がだいぶ違うんだな~という感じを強くします。実に羨ましい限りです。
さりげなく撮られていますが水滴の中に逆さまの光景を入れたり、あさ早くや夕暮れの撮影など苦労されてることがよく分かります…私はこの努力が根本的に足りない。(笑)…頑張ります。
dp4wd
2016年11月19日 21:58
気楽人さん、こんばんは。
ウスバキトンボですが、今年はたくさん見れました。かれこれ25年ほど前は夏の暑さも今ほどではなく、そこらじゅうの田んぼで羽化シーンがごくごく普通に見れました。ところが、ここ5年ほどは夏の猛暑の影響で水田に水がないことからウスバキトンボを見る機会がとても少なかったです。今年はたまたま条件がいい田んぼを見つけそこに居てくれたことでこんなに素敵なシーンに会えました。

この記事へのトラックバック