12月の昆虫と鳥たち

季節的にはもう春本番って感じですが、このブログはまだ去年の12月分をアップしてます。今週と来週でやっと年が越せそうです。(笑)


今週は12月の下旬に撮影したものを集めてます。12月になると普段撮影している被写体が居なくなることもあり、もっぱら決まったようなものばかり撮影してます。その一方で撮影レンズをいろいろ変えて遊んだりもしてました。

今回最初に紹介するのはホトケノザという植物なんですが、撮影したレンズは24㎜です。これに薄い接写リングを入れて近接したものです。マクロレンズとは一味違う描写を見てください。

等倍というほどではありませんが、かなり近接していることがわかると思います。ホトケノザが宇宙人のように見えます。

画像


もう一枚

画像


広角レンズのマクロ、被写界深度はそこそこある反面背景もきれいですね。
このシステム、無限遠側もある程度は撮影可能です。3㎝ほどの葉っぱです。

画像


上の葉っぱの新芽?左側の葉っぱで5㎜ほどなんですよ。

画像



同じシーンを虫の目レンズ(円周魚眼Ver)で。
画像



虫の目レンズつながりのカットをお寺の水蜂に落ちたモミジです。
画像



植物の次は昆虫です。
ちょっと早めに咲いた水仙の花に来た、ヒラタアブです。

画像


画像


かろうじて生きていたベニシジミです。もう翅がボロボロですね。
画像



次はなんとカマキリです。良くこんな時期まで生きていたものです。
画像


画像


虫が終わりましたので、野鳥です。

柿の実を食べに来たヤマガラです。
画像


去年、ジョウビタキがたくさんいた神社に行きました。
今年もいました。メスのジョウビタキです。
画像



画像


梅の木に止まりました。まだ早すぎます。(笑)
画像



画像


梅の木から降りて、私の目の前に。すっかり慣れたようです。

画像


次の瞬間、鳴き声がして飛んでいきました。飛んで行った方を探しに行くと彼氏さんとデート中でした。

画像



次はちょっと大きな野鳥、シラサギさんです。
麦を巻くため耕しているコンバインの後を追いかけてました。
画像


画像

真後ろから撮影してみました。
惜しい、1匹がずれてます。(笑)
画像


最後はツグミさんです。木の実を取ろうと頭で引っ張りましたが、取れません。(笑)
画像


以上で今週の更新は終わります。
来週は年末に撮影したものを紹介予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年03月19日 16:58
こんばんは。。。
花・昆虫・野鳥と盛りだくさんで楽しませていただきました。♪
広角マクロはコンデジ機能の中に入っているので私もよく使いますが仰るように環境描写が出来るので中々面白いですよね…大好きです。
ジョウビタキの雌は気品があっていいですよね。コンバインの後ろについていくサギ…掘り起こした時の虫を捕るためでしょうがこう並ぶと何とも…おもわず笑ってしまいました。
dp4wd
2017年03月19日 20:05
気楽人さん、こんばんは。早速のコメントありがとうございます。(^^)
こうしてみると、去年からの冬はホント被写体がなくていろいろな被写体を撮り歩いていたようです。
広角マクロ、やっぱりいいですね。今年はできるだけ持ち歩いて撮りためようと思います。
コンバインの後ろですが、こちらではシラサギの定位置です。もっぱら蛙が出てくるのを待ってて、いつまでも後をついて歩いているようです。(笑)
今年もやっと蝶が出てきてくれました。気合を入れて撮影します。(笑)

この記事へのトラックバック