ハグロトンボが輝く季節

皆さん、こんばんは。今週の更新は予定通りハグロトンボをアップします。
ハグロトンボはとてもメジャーなトンボで、此方でも梅雨時から真夏までたくさん見ることができるトンボです。

例年は、山の麓の大きな公園で撮影するのですが、今年はそこが壊滅状態のため、他の場所を探しました。幸い小さな川で見つけたと、以前の記事で書いたのですが、そろそろ乱舞の時期だなぁ~と思い撮影に出かけました。


では早速始めます。
川に到着していきなり、居ました。交尾したカップルです。

画像

画像


撮影機材はD7000にシグマのサンヨンをつけてましたが、パナソニックのFZ1000も持ってました。このカメラ24㎜での接写ができるので、チャンスを狙っていたところ、何とか撮影成功です。

画像


産卵中のメスです。開いた翅の映り込みが素敵です。
画像


もう1枚
画像


メスが産卵を始めるとオスは興奮して縄張り争いを始めます。写っているのは全部オスです。

画像


画像


画像


縄張り争いを始めると、中には興奮状態になり、手当たり次第攻撃を始めるオスも出てきます。
その結果、疲れて休むオスでも平気で攻撃します。

2匹とも疲れているのに、攻撃してます。
画像


画像


こちらでも

画像

画像


画像


次は、メスにアタックするオスです。相手がオスでもメスでもお構いなしです。(笑)
画像


画像


結局メスは逃げます。
画像


次は何とかもう少し近くで撮りたいと思いまたFZ1000を持ち出しました。
運よくすぐ目の前で攻撃してくれました。
画像

画像


たまたま撮れたシーンですが、オスがメスにアタックする瞬間です。
画像


以上でハグロトンボは終わります。
帰る途中でギンヤンマの産卵を見つけました。こちらはとても優雅に見えます。
画像


どうでしたでしょうか?
ハグロトンボの乱舞はどの個体が興奮状態なのか、どこ個体が疲れているのかを見分けるのがポイントであとは連写あるのみです。
撮影時も気分爽快なんですよ。来年になりますがぜひ探してみてください。

この記事へのコメント

2017年12月10日 16:06
こんにちは。。。寒くなってきましたね。
ハグロトンボ、待ってました。♪♪♪
このトンボは翅の形、色、飛び方にとても魅せられます。身近でこのトンボがいつも見られるなんて本当に羨ましいです。此方でも郊外の川に行けば居ますが中々出掛けられないでいます…強引に誘ってくれる人が居れば…なんて思っています。(笑)
優雅な姿態でありながら意外と気性が激しそうですね…でも写真では争っていると言うよりは戯れてる感じがします…これも形態のなせる錯覚なんでしょうね。
やはりこのトンボは好きですね~。
dp4wd
2017年12月16日 20:21
気楽人さん、こんばんは。今年の冬は寒くなるのが早いですね~。夜の食器を洗っているのですが、今年は指先が割れました。(痛)

ハグロトンボですが、とても面白い生態のトンボだと思ってます。羽化して間もなくの個体は、群れで暗い林の中で休んでいる姿をよく見ます。その時はオス同士でも仲良しですし、メスが目の前に居ても居たって自然です。
ところが、成熟し交尾産卵の時期になると、性格が荒々しくなるようです。数匹の乱舞などを見るとよくこんな早い速度で動けるものだといつも思います。
来年もこんなシーンを撮影できることを期待して春を待ちます。(^^)

この記事へのトラックバック