ムラサキシジミ&ムラサキツバメ

皆さん、こんばんは。今週は先々週に予告しておりました。ムラサキシジミとムラサキツバメの開翅を撮影に行った記事です。


撮影地は、熊本県の山鹿市の人里離れた山の近くなんですが、7月にたくさんのムラサキシジミとムラサキツバメを見つけてました。その時に翅を広げた姿を撮影したかったのですが、どんなに粘ってもダメでしたので、9月の早朝にチャレンジすることにしました。

結果は、ばっちり撮影することができ、さらにおまけも撮影して帰りました。
では早速その時の写真をご紹介します。

まずはムラサキツバメです。見分けるのは翅の後ろの小さな突起です。最初なかなか開いてくれませんでしたが、私の足元に飛んできた個体が目の前で開いてくれました。

画像



画像


次はムラサキシジミです。
こちらの方が色鮮やかなんですが、此方はたぶんオスのようです。

画像

画像


その後ですが、ムラサキツバメもムラサキシジミも越冬する蝶で中には群れで越冬するらしいです。それで、越冬する個体を探しに12月に出かけましたが、1匹も会えません出した。とりあえず、3月くらいになったらまた行きたいと思います。


蝶を撮影した後、車へ戻ろうとしたところ、オニヤンマのパトロールに遭遇しました。ちょっと暗い場所でしたので、スローシャッターで流し撮りにチャレンジです。何とか1枚だけそれらしいものが撮れました。

画像


ここは、オオアオイトトンボも多いのですが、森の中で休む個体を見つけました。
画像


車を止めていた神社にはアカネも居ました。
画像




画像



以上で山鹿を後にしました。

続いて、私のフィールドで撮影したものを紹介します。
去年もちょうど同じころ、アオスジアゲハの求愛を撮影したことを思い出し、柳の下の2匹目のどじょうを探しに行きました。普通ならまずありえないことだと思うのですが、この日も同じようなシーンに遭遇しました。(^^)

メスに求愛中のオスです。

画像

画像


去年の経験が生きて、割と落ち着いて撮影できたかな??撮影レンズはシグマのサンヨン+MFです。



画像



メスが嫌がり逃げますが、オスはしつこく追います。メスの周りを高速でグルグル回ったりしてました。



画像



画像



そういえば、去年はゴイシシジミも居たことを思い出し、その場所へ。さすがに3匹目のドジョウはいません。(笑)

ですが、ミスジチョウと鱗粉がほとんどなくなったウラギンシジミのメスをみつけました。

画像




画像


以上で蝶ネタは終わります。さて、昆虫もおまけです。
友人に連れられて福岡の米の山という山に登りました。福岡の市内が一望できる場所なんですが、私はそこでラジコンのグライダーを飛ばしておられる先輩が気になってそればかり見てました。

画像


たくさんのカップルは女性グループが来られてましたので、後ろ姿を撮影させていただきました。
夏の日差しは美しいですね。(笑)

画像



さて、以上を持ちまして、今週の更新は終わります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年01月04日 11:55
こんにちは、お早い更新ですね。当方はネタが乏しいので今週は御挨拶のみでパスです。(笑)
ムラサキツバメとムラサキシジミの両方が撮れたなんてラッキーですね。この蝶は寒い時に日向ぼっこするので私も注意して見てますが…居ませんね。
トンボ流し撮りとアオスジアゲハの求愛シーン、中々撮れないですよね…こういう作品を拝見すると流石に師匠だな~といつも思います。
dp4wd
2018年01月06日 20:17
気楽人さん、こんばんは。
ちょうど更新時期が年末にかかっていたため、一旦書いた記事を保留してました。おかげで、今回はちょっと早い更新となりました。

ムラサキシジミ&ツバメ、こんな風に狙って撮影できるとは思いませんでした。ですからとても嬉しい出会いでした。アオスジアゲハは本当にラッキーでした。こんなこともあるんだな~と自分でもびっくりでした。

この記事へのトラックバック