トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝露を纏ったトンボ

<<   作成日時 : 2019/01/06 08:23   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

皆さん、こんにちは。
2019年最初の更新はトンボの写真にします。撮影したのは、去年の10月になります。
タイトルの通り、冷え込んだ朝に撮影したもので、朝露を全身に纏ったトンボです。20年ほど前はフィルムカメラを持ってこのシーンを毎週のように追っていたのですが、条件が合う撮影場所がどんどん少なくなり、ここ数年は撮影できておりませんでした。
ところが、去年友人から情報を貰っていたのでそれを思い出して撮影に行ってきた時のものです。


では早速始めます。
場所は山の麓ですが、盆地のような場所で朝露が居りやすい条件の場所です。
画像


蜘蛛の巣にもたくさんの朝露が付いてます。そして、アカネのものであろう翅も。
画像



朝露がびっしり降りた原っぱを慎重に探すと、1匹見つけました。
画像




もう少し寄ってみます。
画像



今度は正面に回ってみます。う〜ん、残念顔の朝露はすでに足で落としてますね。
画像


もう一匹見つけました。こちらは朝露が少ないですね。
画像



この日はここで終わりました。とりあえず、蜘蛛の巣も撮影しました。

画像


画像


画像


さて、次は1週間後になります。撮影場所は有明海の近くです。ここは放射冷却が強くて天気がいい朝は朝露がすごいです。

アカネの仲間なんですが、スナアカネという大陸から渡ってきたトンボらしいです。
画像


微妙に羽根の角度をつけて止まるようです。

画像


これも撮影方向を変えて撮影しました。

画像


夏のトンボの残り、ウスバキトンボです。
画像


これもウスバキトンボです。
画像


最後はアオモンイトトンボです。
画像


以上で今週の更新は終わります。

今年もマイペースでの更新となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわぁ〜いきなり凄い作品の数々…どれ一つとっても単独で各写真コンテストに入賞できそうな作品ばかりで度肝を抜かれました…師匠の本領発揮と言う感じですね。♪
師匠の作品には以前にも書きましたが何かメルヘンチックな要素があって、その辺が特に大好きなところです。
今年も勉強させて頂きます。
気楽人
2019/01/06 15:17
素敵なコメントありがとうございます。(^^)
私がこの姿のトンボを見た時の感動は今もはっきり覚えてます。そんなこともあり、何回も何年も追いかけてます。
今年もボチボチではありますが、また追いかけたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
dp4wd
2019/01/12 22:00
初めまして!気楽人さんのところから飛んできました(^^ゞ
トンボの羽の朝露びっしり!初めてみました。
なんて美しいんでしょう〜〜
朝露が美しいのは 葉っぱだけだと思い込んでたのでびっくりでした。
のの ☆
2019/01/17 21:32
のの ☆ さん
ようこそ、いらっしゃいませ。m(__)m
トンボにとって、朝露が付くことは寿命が短くなることになりますし、できることならつくことからは避けたいようです。
ですから、なかなか見ることはできませんが、一度見るとなかなか忘れられない光景です。
dp4wd
2019/01/18 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝露を纏ったトンボ トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる