越冬する蝶たちと諸々の写真

皆さん、こんばんは。dp4wdです。21日から寒の戻りがあり、冷たい北風が吹いてます。おかげでやっと顔を出し始めた虫たちもまた隠れてしまいました。

今回は、昨年末に撮影したものをまとめました。被写体は冬を成虫で越す蝶たちです。九州でキチョウやムラサキシジミなどが成虫のまま越冬します。12月のクリスマスの頃になるとさがしてもなかなか見つからないのですが、今年は暖冬だったせいか、今年は初めて越冬個体が撮影できました。

そんな蝶の姿を紹介します。
まずはキチョウです。小さな蝶ですが、色が黄色なんですぐに見つかりました。
画像


次はムラサキシジミです。翅を閉じると枯葉に似ててなかなか見つかりません。

画像


画像






山茶花の花に吸密に来た個体です。見事な保護色でもここでは、目立ちますね。やはり、越冬中も食事するようです。

画像


画像


このムラサキシジミは翅を広げてくれることなく、飛んでいきました。そこで別の場所を探すと日向ぼっこ中のムラサキシジミを見つけました。きれいな紫の翅を見せてくれました。

画像


もう少し寄りたいと思いましたが、警戒心が強くて翅を閉じてしまいました。

再び、元の場所へ。なんか変わった蝶?を見つけました。

画像


逆光だととてもきれいなリングライトが出ました。

画像


逃げたのでさらに追いました。
画像


実は上の蝶、調べたら蛾でした。越冬する蛾まで撮れるとは思いませんでした。

以上で、越冬する蝶は終わります。

続いて、諸々の写真です。
まずは、ブロック塀を這う蔦です。

画像



次はタンポポです。
画像

小さな星があります。
画像


飛んで行こうとするタンポポです。
画像



次は霜です。
ホトケノザの花も凍ってます。
画像



種の山も部分だけ霜が降りてます。
画像



次は、有明海の干拓地の風景です。この時期、麦の芽がとても美しいです。
画像




最後は干拓地で見たモズの仲間です。とてもスタイルが良く色も格好いい野鳥です。背景はユスリカの群れです。
画像




以上で今週の更新は終わります。いよいよ来週から本年度分になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年03月24日 12:15
今回はいろいろ盛りだくさんで楽しませて頂きました。♪
越冬する蝶は中々見つけられませんね…一度だけ日向ぼっこするムラサキシジミを撮ったことがありますが…。
タンポポや雪の結晶などは以前師匠のブログで驚かされましたので今回はいかにも師匠らしいと納得です。(笑)
最後の「モズの仲間」…確かにモズらしい形態ですが色合いが全然違いますね…初めて見ました。
dp4wd
2019年03月30日 19:53
気楽人さん、こんばんは。。
いつも素敵なコメントありがとうございます。言われるように越冬する蝶や虫はなかなか見つかりませんね。
幸い、今シーズンは暖冬だったことで割と遅くまで姿を見せてくれました。

今年はもう桜が咲きました。ついでにトンボも。。
早速撮影してきました。

この記事へのトラックバック