テントウムシの世界

皆さん、こんにちは。
台風10号、とても大きな台風でした。私は気象おたくというわけではないのですが、気圧の変化などで天気を予想したりするのが好きで自宅にはポータブルの気圧計があり、スマホにもアプリを入れてよく見てます。

気圧の変化から見ると、最接近したのは15日のお昼前後でしたが、気圧が1000ヘクトパスカルを下回ったのは13日の朝、そしてまた回復したのは16日の夜近くでした。気圧の変化からも大きな台風でしたので、何も被害が出なかったのはよかったです。
その一方で被害に合われた方にはお見舞いを申し上げます。

なお、15日の10時には長男夫婦&孫が佐賀空港から帰りました。飛行機が飛ぶか14日から気をもみましたが、蓋をあけると何事もなく飛んでいきました。

おっと、、前置きのつもりが随分長くなりました。(^^ゞ
今週の更新ですが、タイトルの通りテントウムシの生態を撮影する機会がありましたので、まとめました。
まずは、テントウムシの幼虫からアブラムシをパクパク食べてました。
resize0224.jpg

今年は幼虫が多いようで、餌不足なのか共食いや先に蛹になった個体を食べる幼虫も居ます。
resize0221.jpg

resize0222.jpg

幼虫がこれだけいるということは蛹や成虫も多いと思い、探すと居ました。
蛹の状態だとなぜか集まるような。。

resize0212.jpg
こちらは成虫と蛹です。
resize0213.jpg


たくさんの蛹がいるので絶対羽化していると思い、辛抱強く探すと居ました。羽化しているテントウムシです。

resize0214.jpg


こちらでも
resize0217.jpgresize0218.jpgresize0219.jpg

横から見てみます。
resize0226.jpg


テントウムシの羽化ですが、トンボの羽化とはちょっと違います。安心できる場所を見つけると中の翅を伸ばして乾かします。

resize0232.jpg
こちらの方がよりわかりやすいかな?

resize0235.jpg

以上でテントウムシは終わります。
続いておまけカットをご紹介します。

テントウムシの横でユスリカを捕まえた蜘蛛を見つけました。
resize0228.jpg

resize0230.jpg


いよいよ最後ですが、地元ではアオハダトンボが出てきてました。
今年はあまりいいシーンには遭遇してないのでおまけでアップします。
このトンボはハグロトンボにそっくりですが、全然別の種類なんですよ。

最初はオスから、翅の内側はブルーです。
resize0203.jpg

メスは翅に白い紋があります。
resize0204.jpg


以上で今週の更新は終わります。

この記事へのコメント

気楽人
2019年08月18日 11:27
今日はもの凄い暑さです…暑さに強い女房でさえクーラーを入れてと私に
指図するくらいです。(笑) 堪りません!!

テントウムシの生態…初めて見ました…学術的にも貴重な資料ではないでしょうか! 幼虫だけ見てると、とてもテントウムシには見えませんね。

アオハダトンボは翅の色と言いメタリックな胴体といい魅力的なトンボですね。この系統のトンボはその姿態と優雅な飛翔は堪らなく好きです。

dp4wd
2019年08月24日 19:50
こんばんは。dp4wdです。
九州はお盆終盤の台風の後から、雨続きになりました。
ついでに、気温も上がらず今日は30℃にも届いてないようです。
ということで、今年の夏はどうも終わった感があります。

さて、テントウムシですが、これまでも羽化は見たことがありました。
ところが今年はとても数が多い上にいろいろな光景を見ることが
出来てとてもラッキーでした。

アオアダトンボはカワトンボ系のトンボとして色がとても
綺麗ですし、どこにでもいない珍しい種類らしいです。
私的には、地元に居ることもあり、毎年見ていたのでそんなに
変わったトンボとは知る由もありませんでした。