霜が降りた朝

皆さん、こんにちは。こちらでは梅の花が終わり、菜の花が満開です。桜の花は例年より1週間ほど早く咲くのではないかと言われてます。オリンパスのE-M1もマーク3が発売になりましたので、そろそろ動き出そうかと思ってますが、新型コロナウィルスの影響で外出自粛と職場でも言われており、もうしばらく様子をみてます。

さて、今週の更新は1月の上旬に撮影した早朝の光景をご紹介します。

家を出てすぐの近所の田んぼです。霜と朝靄が発生しており普段見る田んぼの景色とは全然違いました。(まだ日の出前の時間です。)


resize1650.jpg

そろそろ日の出の時間、ゆっくりと風が吹くと朝靄が晴れてきました。被写体は農協の共同乾燥所なんですが、とても不思議な雰囲気でした。
resize1652.jpg

足元を見るとしっかり霜が降りてます。
resize1653.jpg

田んぼの近くにあるビニールハウスの横、霜の量がすごかったので撮影させてもらいました。
ビニールハウスの中は茄を作っておられており、その不要となった葉っぱに霜が降りてました。
resize1655.jpg

中には蕾があります。それにもびっしりと
resize1640.jpg

撮影地を移動します。
スギナに降りた霜を見つけました。まるでコーティングしたようです。
resize1642.jpg

こちらはナズナです。霜が降りていたようですが、溶けて宝石のような水滴になってました。

resize1646.jpgresize1656.jpg


小さな雑草、まるで手裏剣のような形、霜のおかげで目立ちます。
resize1649.jpg


この時期では珍しいタンポポの綿毛、よく見ると霜が溶けた水滴がきれいでした。

resize1643.jpgresize1644.jpg

この日は朝日を撮影して終わりました。resize1651.jpg


次はおまけです。1月になると出会える野鳥も変わってきましたので、懲りずに撮影しました。撮影機材はNikon1 V2にNikonのサンヨン+1.4倍テレコンです。フルサイズ換算1100㎜位になります。ただ、このシステムは手振れ補正がないのでファインダーで構図を取ることすらとても難しいです。

公園の枝に止まっていたヒヨドリ、何やら元気がないようでした。
resize1634.jpg

今年初見、ジョウビタキの雄です。
resize1636.jpg

地元で初めて見たチョウゲンボウです。
resize1638.jpg

次は、お手軽セットCOOLPIX P900で撮影しましたものです。
この鳥も初めての撮影、カラシダカです。
resize1662.jpg

山の麓にあった水飲み場に居たヒヨドリです。水が深いところにあるので悩んでます。

resize1665.jpg


近所で雀の群れを見つけました。
resize1666.jpg

resize1667.jpgresize1669.jpg

木の実を食べていたメジロです。
resize1663.jpg


以上で今週の更新は終わります。代り映えしないものばかりで失礼しました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

気楽人
2020年03月08日 11:40
こんにちは、当に三寒四温ですね~暖かかったと思ったら急に
寒くなったりで、風邪を引きそうです。

霜の作品を拝見して、師匠の目が何処に向いてるかが何となく
分りました。そして絵になる被写体を発見することで勝負が決
まることを再認識した次第です。

スズメの群れも凄いですね…最近、此方ではスズメさえもあまり
見なくなりました。いつも見られるのはヒヨドリ位ですね~。
dp4wd
2020年03月14日 20:19
気楽人さん、こんばんは。
本当に気温の変化が激しいですね。今日はこちらでも
かなり寒くなりました。

霜の写真に素敵なコメントありがとうございます。
言われるように、私の場合は被写体を探すことが
ポイントですね。
もちろん、いつもいい被写体に会えるわけではありませんが…。

こちらではも新型コロナウィルスの感染者が出ました。
とりあえず、しばらくは大人しくしておくことになりそうです。