枝垂れ梅と臥龍梅

皆さん、こんばんは。
新型コロナウィルス、いよいよ大感染の様相を呈してきましたね。幸い、こちらではそれほどではないものの、確実に感染者は増えておりとても不安な日々です。手洗いとマスクをできるだけ付けるようにして、仕事に行ってます。

さて、今週の更新は2月の下旬に撮影した梅をご紹介します。以前地元の紅梅を紹介しましたが、今回は地元からちょっと足を延ばして枝垂れ梅と臥龍梅(がりゅうばいと読みます。)を撮影に行きました。
枝垂れ梅はほぼ毎年訪れている場所ですが、今年はすでに満開をちょっと過ぎてました。一方臥龍梅はちょうど満開でした。

それでは、枝垂れ梅から紹介します。樹齢100年をゆうに超えた老木ですが今年も見事な咲きっぷりでした。

まずは、全体の感じから
resize1873.jpg

真下に入って下から狙いました。
resize1872.jpg


枝垂れの美しい姿を切り取ります。
resize1871.jpgresize1886.jpg


ちょっと寄りました。
resize1869.jpgresize1881.jpgresize1880.jpg

枝垂れ梅にはメジロが時々来てましたが、周りに人が多かったこともあり近くには来ませんでした。

つぎは、臥龍梅です。この梅は初めて見る種類の梅でした。特徴は、ちょうど逆の枝垂れ梅的な姿、つまり上に向かって真っすぐな枝の梅です。

まずは全景から
resize1918.jpg

枝ぶりを切り取ります。
resize1917.jpg

並木です。
resize1911.jpg


臥龍梅がある場所は山の麓でした。周りは民家もほとんどないのでメジロがたくさんいました。

resize1913.jpg

人を警戒しないので3mほどの距離でした。おかげで中望遠で撮影できたのですが、近すぎてピント合わせたが大変でした。

resize1912.jpg

resize1914.jpg


以上で臥龍梅は終わりです。臥龍梅のすぐ横に早咲きの桜が咲いてました。
そこにもすごい数のメジロがいましたので、撮影しました。

resize1915.jpgresize1919.jpgresize1916.jpg


以上で梅は終わり、おまけです。

別の山の麓で撮影した木々のシルエットです。
resize1924.jpg

もう木蓮の花が咲き始めてました。

resize1902.jpgresize1904.jpg


蕾が逆光で輝いてました。
resize1903.jpgresize1901.jpg


以上で今週の更新は終わります。
新型コロナウィルス、早く特効薬が見つかりませんかね~。感染を完全に防ぐことはできないと思いますので、重症化しないことが今の世界には必要だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

気楽人
2020年04月12日 11:59
こんにちは。。。コロナの件、まったく同感です。

もの凄い枝垂れ梅ですね~普通の梅と違って枝垂れは桜に
負けないくらい綺麗ですよね…おまけに良い香りで言うこと
なしです。また、臥龍梅は名前からくるイメージと違って
若い勢いが感じられますね。

メジロもピントがバッチリで素晴らしいです。飛出しの
瞬間も流石としか言いようがありません。
モクレンの逆光の蕾は好きですね~前ボケでアクセント
を入れるあたり憎いですね~。
dp4wd
2020年04月18日 20:42
気楽人さん、こんばんは。
コロナウィルスいやはや、いよいよ厳しくなってますね。

今回も素敵なコメントありがとうございます。言われるように
枝垂れ梅はホント素敵ですね。一方臥龍梅は反対のイメージの
ように感じました。

モクレンの蕾、たまたま覗いて見たら露出補正がかかったままで
それが良かったので撮影しました。(*^^*)