春の蝶とミツバチ

皆さん、こんばんは。私は今日からGWの休みになりました。例年なら他県までトンボを探しに行くところ、今年は大人しくしてます。


今週の更新は、3月の上旬に撮影した蝶やミツバチをご紹介します。
今年最初に撮影したのは越冬した蝶でした。これです。
resize1997.jpg

横から近寄ると羽を閉じました。

resize1999.jpg

この蝶も越冬した蝶ですが、本来南方の蝶ですから、越冬してはいけない蝶です。

resize2000.jpg

小さなシジミチョウはこの春に羽化した個体です。
resize1990.jpgresize1991.jpg


resize2013.jpg


次はモンシロチョウです。すでにカップルも居ました。
resize1992.jpg

花畑に居た蝶です。これも越冬した蝶です。
resize1981.jpg

ここでもシジミチョウが居ました。
resize1984.jpg


イシガケチョウです。
resize2007.jpg

蓮華草に来たスジグロシロチョウです。
resize2001.jpg

スジグロシロチョウのメスを狙うオスです。
resize2002.jpgresize2003.jpg


交尾を狙いましたが、結局ダメでした。
resize2006.jpg

以上で蝶は終わり次はミツバチです。
蓮華草に来たミツバチ、最初は望遠レンズで撮影しました。

resize1987.jpgresize1988.jpg


やはり面白くないな~と思い、別の日に虫の目レンズを持ち出しました。
ただ、自然光だったこともあり、ちょっと画質に不満があります。
resize2009.jpgresize2010.jpgresize2011.jpg

虫の目レンズがいまいちだったので、またレンズを変えてチャレンジしました。
撮影レンズはレンズベビーの魚眼です。絞りは絞り板を入れ替えて撮影します。今回は絞り8です。
虫の目レンズほどパンフォーカスにはなりませんが、解像度が良くなりました。

resize2030.jpgresize2035.jpg


ヒラタアブが飛んでいたので同じレンズで狙いました。
resize2032.jpg

花に止まった瞬間です。

resize2033.jpg


レンズベビーの魚眼、最短撮影距離はレンズの前1.5㎝程です。
MFになりますし、絞りの変更は大変ですが、写りはなかなかです。

以上で今週の更新は終わります。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

気楽人
2020年05月03日 11:48
こんにちは…このところ天気はいいのですが風が毎日強いです。
ヒュウヒュウと唸ってるので…何だかな~の気分です。(笑)

さて作品ですが、もう既にいろいろな蝶々が出ていて吃驚です。
スジグロシロチョウの正面飛翔…凄いですね。やはり昆虫は師匠
の独壇場です。ピントも素晴らしくて見ていて気持ちいいです。

ミツバチも…よくこうも上手く撮れるな~といつも思います。
レンズベビーは甘いレンズだと思っていましたが違うんですね。
驚きました。
dp4wd
2020年05月03日 13:02
気楽にんさん、こんにちは。

今日の佐賀はかなり強い雨が朝から降ってます。
この分だと1日雨のようです。
自粛&雨のため、自宅でうずうず、速攻返信してます。(笑)

今年は暖冬のせいか、越冬している蝶はやはり多いようでした。
その一方で、アゲハチョウの類はなかなか見ることがないです。
柑橘系の植物は多いのですが、蛹に寄生する虫が多いのかも
しれません。

レンズベビーなんですが、言われるようにボケ味を重視した
物が有名ですよね。
私が使っているレンズは、友人が見つけたもので、最短撮影
距離が短いということで探したものでした。
値段も安くて作りもかなり雑な反面、写りはそこそこいいです。
F5.6からF8まではとてもシャープです。

フルサイズで使うとちょうど円周魚眼になり、APS-Cだと陸上の
トラックような感じになります。今回はマイクロフォーサーズなんで
四隅はけられてません。
こう書くといいことずくめのようですが、作りはかなり雑で
太陽が入るような条件だと派手にフレアーが出ます。(使えないレベル)
そこで、遮光紙を使い自分なりに改造したところ、ほぼ問題なく
使えるようになりました。