夏のトンボ達

皆さん、こんばんは。台風10号の後、一気に秋が来たようです。今日の夕方は24℃、つい先日まで夜9時過ぎまで30℃以上だったのが嘘のようです。

さて、今週の更新は夏のトンボを撮影したものをご紹介します。今年の夏はトンボの種類は少ないものの、何度も会えたので撮影のテンションは上がりました。ただ、作品としてはあまり変わり映えしないものばかりなので、期待せずに見ていただければと思います。(笑)

では早速始めます。
最初はオオシオカラトンボです。成熟したオスとメスがたくさん居ましたので、交尾や産卵のシーンをたくさん見ました。まずは、交尾の様子です。
木の枝に止まって交尾してます。
resize2686.bmp

こちらは草に止まって
resize2687.bmp

もう一枚。すべてに別々のカップルでした。
resize2685.bmp


シオカラトンボやオオシオカラトンボは、交尾の時間は短いので(5分~10分位)すぐに産卵を始めます。

メスは単独で産卵します。
resize2689.bmp


撮影したのは産卵の瞬間ではありません。メスは水面に尻尾を付けて産卵します。この時はD7000で撮影したため秒5コマではうまくタイミングが合わせられませんでした。
水面の波紋で尻尾を付けていることはわかると思います。

resize2682.bmp

ギリギリ撮影できたのはこれです。アングルが悪くよくわかりません。う~~ん、ダメですね。

resize2692.bmp



産卵するメスをガードするオスです。オスがピンボケでした。

resize2684.bmp

しばらく産卵するとメスは疲れたのか、葉っぱで休みます。そのメスに向かって産卵を促すオスです。とんでもないですね。(笑)

resize2690.bmp


次は場所を変えて、チョウトンボ狙いです。池に着く前にきれいなイトトンボを2種類見つけました。
最初は、最初はキイトイトトンボ(♂)です。黄色い色のきれいなトンボです。
resize2701.bmp


次はベニイトトンボ、見ての通り赤い色のイトトンボです。色は違いますが、キイトイトトンボの仲間だそうです。

resize2693.bmp


チョウトンボの池に着いた後、周りを探すと珍しいトンボを見つけました。名前はアオビタイトンボ(♂)といいます。

パッと実はシオカラトンボによく似てますが、一回り小さなトンボです。
resize2713.bmp


強い日差しにオベリスクのポーズです。
resize2704.bmp


この角度から撮影すると額が青いの意味が分かりますね。
resize2702.bmp


アオビタイトンボ、以前は佐賀に居ないと言われてましたが、去年も見ましたので、すっかり定着しているようです。それなら交尾を一度見てみたいと思ってます。←来年の宿題です。

そしてお目当てのチョウトンボです。日差しが曇っていたせいか、オスの翅があまり輝いてくれませんでした。

resize2707.bmpresize2705.bmp


こちらはメスです。オスと色が随分違いますね。

resize2706.bmp

しばらく見ていると目の前で交尾しました。チョウトンボの交尾の時間はとても短いので、慌ててシャッターを切りました。
角度が良かったのか、オスとメスの色の違いが良くわかりますね。


resize2708.bmp


以上でトンボは終わり、おまけの虫をご紹介します。
羽化して間もないアゲハ蝶です。とてもきれいです。蛹は画面の下にありました。

resize2691.bmp


久しぶりに見たゴマダラカミキリです。飛びそうなので、狙いましたが、飛ばずに降りていきました。

resize2664.bmp

別の個体ですが、やっと飛んだ瞬間が撮れました。シュワッチって感じですね。
resize2665.bmp


以上で今週の更新は終わります。来週もトンボネタ続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

気楽人
2020年09月20日 11:30
こんにちは、仰るとおり温度変化が激しくて風邪を引きそうです。
コロナの時期の風邪は疑われるので…嫌ですね~。(笑)

今回のブログは、まさに師匠の真骨頂が発揮されてる作品ばかりで
とても素晴らしいです。♪

だいたいキイトトンボ・ベニイトトンボ・アオビタイトンボなどは
見たこともありません。是非見てみたいと思いました。
チョウトンボの交尾以降の作品はどれもため息が出てしまいます。
dp4wd
2020年09月26日 20:07
気楽人さん、こんばんは。
ここのところ、急に秋めいたことでずいぶん過ごしやすく
なりました。ただ、そのせいか、昆虫の数は激減。
撮りたくても被写体が居ません。
さらに、私自身も夏の疲れが出てきてようで、なかなか
疲れが取れません。

さて、いつも素敵なコメントをいただきありがとうございます。
言われるようなトンボは、条件が合えばどこにでも
居るトンボなんできっとそちらにも居る気がしてます。
古くからあるような池がポイントですかね。