夏トンボ総集編

皆さん、こんばんは。例年なら佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開幕し、バルーンを追いかけている頃なんですが、今年は新型コロナウィルス感染症を考慮して、5月に中止が決まっておりました。
日本はともかく、世界中を見るとまだまだ気を抜けない状況が続いてますので仕方ないのですが、なんとも寂しい限りです。


さて、今週の更新は8月のお盆過ぎの二日間で撮影したトンボです。被写体としては先週までにご紹介した種類ではありますが、撮影地は違っており、自分的には総集編的な意味合いの撮影となりました。新鮮さは少ないと思いますが、良かったら見てください。


まずは、ネキトンボです。本来ならこの頃から本格的に産卵をしているはずなんですが、撮影できたのは単独のオスばかりでした。
メスが産卵していないかパトロールしてはホバリングしてました。

resize2933.bmp

resize2934.bmp

この頃は猛暑でしたので、止まると逆立ちのポーズをとります。
resize2937.bmp




同じ池でシオカラトンボの産卵シーンを撮影しました。正直以前アップしたものと大きく変わりませんが、今回はオスとメスがいい感じに画面に入ってくれました。

resize2940.bmp

resize2941.bmp

次はウチワヤンマです。今回訪れた池はとても大きな池でした。周辺にはオスが縄張りを張ってましたので、脅かさないように近づいて撮影したものです。

まずは望遠レンズで撮影です。
resize2948.bmp


別の場所の個体、この個体が慣れてくれました。
resize2964.bmp

マイクロフォーサーズの14㎜および12㎜で撮影してます。
暑いのでオベリスクのポーズです。

resize2951.bmp


ほぼ垂直です。

resize2955.bmp

画面に変化がないので魚眼で寄ることに

resize2961.bmp

なんか面白くないな~と思いましたので、止まりに来るところを水平のアングルで撮れないかチャレンジしました。
1枚だけ成功です。

resize2956.bmp

再び望遠で飛翔もの狙いです。やはり望遠が楽です。
resize2967.bmp


resize2968.bmp

最後はオオシオカラトンボの産卵です。前回を超えることを目標に頑張りました。
水面の模様が綺麗です。

resize2983.bmp


産卵の瞬間です。
resize2982.bmp

産卵中のメスを広角で撮ろうとチャレンジ、シャッター速度が稼げないのでストロボを炊いたところ、翅が消えました。さらに産卵の瞬間はタイミングがつかめないまま終わりました。レンズは14㎜です。
resize2972.bmp

resize2986.bmp


そこで、今度はレンズをズームに変更。50㎜位の焦点距離で自然光で狙いました。


産卵場所を探すメスです。

resize2977.bmp


産卵の体制に入ります。地面との高さがわかると思います。
resize2979.bmp



産卵の瞬間が撮れました。が、、、いかんせん逆光でした。そして水を飛ばしてない。。残念です。
resize2976.bmp


以上で終わりになります。こうして見ると今年は同じトンボばかり撮影してましたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

気楽人
2020年11月01日 12:13
こんにちは、いつも暖かいコメントをありがとうございます、

何気なく見てしまいますが…師匠でなければ撮れないシーンが
沢山あって毎回、唸りながら拝見しています。

シオカラトンボのガード飛翔は何回も見たことがあるのですが
一度も上手く撮れたことがありません。

オオシオカラトンボの産卵…波紋の作品はとてもいいですね…
絵としての雰囲気が素敵です。上から三番目の作品も私的に
は大好きです。
dp4wd
2020年11月07日 20:30
気楽人さん、こんばんは。

こちらこそ、いつも素敵なコメントをいただき、ありがとうございます。

今年は、トンボに会える機会が多かったものの、その種類は
同じものばかりで、結果的に作品としてはあまり変化がないもの
ばかりだったように感じてます。

トンボの発生数や種類はどうしようもないですが、来年は
もう少しいろいろなトンボに会えることを期待してます。