春のトンボと夏のトンボ(トンボ撮影日記2008 Vol.12)

例年、トンボの撮影は季節と発生種類を予想して撮影地を回ってますが、今年は新しい撮影地に散策に行く為どんな種類がいる想像しつつ出かけてます。
今年は5月末に30℃近い気温の日もあり、春トンボと夏のトンボが入り乱れているようです。(笑)
そんな最近のカットをまとめてみました。

まずは、春トンボの代表ハラビロトンボです。オスメス盛んに交尾をし、次の世代に命をつないでます。
産卵の疲れか木の枝で休むメスです。
画像


上のカットを撮影して、太陽の周りにリングが見えました。てっきりフレアーか何かかと思いましたが、どうも違っているようです。
こんなリングです。
画像


そういえば、今年はアオハダトンボを見てないな~と思い、探しにいきました。すると…。見つかりました~。(笑)
ところがよくみると、どうも体の色が違うような…。。アオハダにしては体の色と開いた羽の色が違うような。。ひょっとしてハグロトンボ(夏のトンボ)かも…。。
画像


まさか、、夏のトンボがいるかな~と思いつつ、さらに探すと。。チョウトンボがすでに出てました。
画像


どうも逃げないようなので、魚眼で寄ってみました。
画像



やはり、もう夏のトンボが出ているようです。
さらに、周りを探すと、、キイトイトトンボも発見です。(笑)
こちらはメスです。
画像


オスです。
画像



交尾しているカップルも。。
画像



最後はショウジョウトンボです。。脅かさないようにゆっくり近づいて虫の目で撮影しました。
画像



今年も梅雨入りしました。これで春のトンボもほとんど居なくなります。ということは、今年もトンボシーズンも半分終わったようです。

"春のトンボと夏のトンボ(トンボ撮影日記2008 Vol.12)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント