クロスジギンヤンマの羽化

皆さん、こんばんは。
今週は台風が南と西の海上にあり、何とも気持ち悪いですね。九州北部地方も梅雨末期の豪雨の時期になりましたので、特に11号の動きはとても気になります。

さて、今週はトンボネタに戻ります。タイトル通りクロスジギンヤンマの羽化を中心にトンボの作品をご紹介します。
今回のクロスジギンヤンマは、実は池から離れた場所で羽化してました。池からの距離は直線でも5mほど、さらに木に登ってました。(^^)

見つけた時はこんな感じでイナバウワー状態でした。

画像



ひっくりかえったトンボの目を狙ってみました。なんだか私が写っているような…

画像



尻尾が抜けていよいよ翅が伸びていきます。
画像




尻尾よりも翅の方がずいぶん早く伸びます。

画像






この後は、尻尾が伸びて色がついたら飛んでいきます。私は次の要件がありここで移動しました。

次はハラビロトンボです。このトンボも10年ほど前まではそれはすごい数いました。しかし、最近は数えるほどしか会えません。コンデジXZ-2での撮影です。

画像


別のハラビロトンボにこれまたコンデジの広角マクロで寄りました。

画像



オスはこれ、青い顔が特徴ですね。

画像



次はアサヒナカワトンボです。そろそろ、成熟しメスを探しに川面に出てきてます。

タイトルは「テヘ」です。(笑)

画像



翅を広げたところを正面から

画像



交尾しているカップルを見つけました。マクロフォーサーズで14㎜つまり換算28㎜での撮影です。

画像



今年はこの後、アサヒナカワトンボの面白いシーンにたくさん会えました。が、それは次回ということで今週はトンボの撮影の時に出会えてシーンを先に紹介します。

クロスジギンヤンマの羽化を撮影している場所のすぐ近くになんとカワセミが出てきてました。

画像


画像



画像



次は睡蓮の花とアブです。
画像



画像



XZ-2の広角マクロでこれまたチャンレジ、1枚だけ撮影成功です。

画像



このアングルはコンデジならではですね。
画像




以上で今週の更新は終わります。

来週はトンボにするか思案中です。(笑)

"クロスジギンヤンマの羽化" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント