トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋本番(トンボ撮影日記2008 Vol.24)

<<   作成日時 : 2008/09/26 07:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

更新が随分滞りました。(汗)
この数週間、撮影に出てなかったわけではなく、カメラを持って出かけてましたが、これといった被写体も見つけられず帰宅してました。
ちょうど、9月はトンボのコンテストの締め切りも近く、コンテスト向けに作品を選んだりしてましたので、自分的にはまぁまぁ、充実はしてました。(笑)

さて、今回は9月の上旬から最近までのカットの中から面白そうなものを選び、アップします。
まず、、先日から追っかけてましたカマキリ、、、ついに彼女はあの場所から居なくなりました。私が見た最後の頃は餌が取れずかなりあせって居たようですので、ついに場所を移動したようです。

彼女を見た最後のカットをアップします。よく見るとトンボを捕まえてますが、、捕まえたところが羽根だったためトンボは何事もなく飛んでいきました。(笑)
画像



この日はハグロトンボのオスを重点的に狙いました。オスは光の加減で体の色が変わって見えます。珍しく青い色に見える個体です。
画像



9月も中旬を過ぎるとハグロの数も減ると同時に、人を怖がるより産卵の方に夢中になる個体も出てきます。
そこで、魚眼ズームで産卵中のメスに寄ってみました。ただ、レンズの前玉が大きいため虫の目感が薄れてます。(汗)
これでもピントリング周りは水没したんですが…。。広げた羽根はレンズに接触してます。

画像



そうそう、先日の虫の目に味をしめ、魚眼ズームで思いっきり寄ろうと撮影に出たのですが、、さすがそうは簡単にいきませんでした。唯一1カットだけ魚眼ズームで寄れました。

画像



ハグロトンボの次はオオアオイトトンボです。このイトトンボはイトトンボにしては珍しく羽根を広げて止まります。フィルム時代はよく見たトンボですが、デジタルになって秋口に撮影したのは初めてです。

こちらはオスです。
画像



こちらがメスです。メスは植物に穴を開けながら産卵するため尻尾の先がかなり大きくなってます。
画像

もう一カット
画像



ここで日付は変わります。
早朝から撮影に出ましたが、アカネもなかなか見つかりません。とりあえず、朝の雲でも撮影しました。(汗)
やはり、秋ですね〜。(笑)
画像



やっと、見つけたアカネを真下から。。
画像



結局、撮影地を移動して探しましたが、、、やはりアカネが少ないようです。
マユタテアカネのオスです。
画像



最後は交尾中のカップルです。
画像



と、、こんな感じの撮影でした。どうもいよいよ今シーズンも終わりそうですが、あと一粘り頑張ろうと思います。(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

私も四万十のコンテストの作品選びとかしていたら
月例の雑誌のフォトコン出すのすっかり忘れていました。(笑)
今年は、昨年は3枚出したのですが、今年は頑張って
5枚出しました。
まあ、数打ちゃ当たる式ですが。(汗)
作品レベルは微妙なので、今年は入選無しかもしれませんが、トンボのコンテストなので参加することに
意義があると自分に言い聞かせております。
まあ、今年も師匠の胸を借りますので、お手柔らかに
宜しくお願いします。m(__)m
天文中年
2008/09/26 08:12
dp4wd師匠、魚眼レンズでよくこんなに寄れますね〜いつも凄いなぁと思って拝見しております。普通は逃げられるのが落ちですよね。

先日例の公園に行ってみたのですがトンボは全く見かけませんでした。そちらはまだたくさん居るのですね。それにホテイアオイの花が咲いてたりして信じられません。
気楽人
2008/09/26 17:29
久々の更新ですね〜。(笑)
いつもの事ながらお見事としか言いようがないです。
3枚目が特にツボです。
今年は魚眼系は全然使えませんでしたが、dp4wdさんの作品をみると使いたくなりますね(笑)
K20Dとリケノン50mmに魚露目をつけてみましたが、F16までなので被写界深度的にもう一歩というとこでした。
とおりっぐ
2008/09/26 22:15
天文中年さん
>今年は、昨年は3枚出したのですが、今年は頑張って
5枚出しました。
>まあ、数打ちゃ当たる式ですが。(汗)

いえいえ、そんなご謙遜を。。(笑)
私の場合、毎年自分なりのベストから選んでいるのですが、なかなか思うような結果はついてきません。

まぁ、それが自分の実力ですから、あきらめざるを得ませんが…(笑)

ただ、毎年自分なりのテーマを追いかけてますので、それはそれで楽しめてますので、よしとしております。
dp4wd
2008/09/26 22:23
気楽人さん
魚眼レンズで寄るのは正直かなり難しいというか、絶対無理な時も多いですね。
私は、撮影に出る時これと決めた機材しか持ち歩いていないため、魚眼だと坊主で帰ることも多々ありました。
それだけに、撮れた時の喜びはひとしおですし、このレンズでしか撮れない世界なんで、懲りずに粘ってます。(笑)

そうそう、ホテイアオイですが、まだ咲いているところがありますね。ただ、最近水がかなり減ってきてますので、花の数も日に日に減っているようです。
これからトンボはアカネがメインとなりますが、相変わらずの魚眼で狙ってみます。(笑)
dp4wd
2008/09/26 22:27
とおりっぐさん
はい、久方ぶりの更新でした。(笑)
なんせ、シャッターを切ろうにもトンボが居ないものですから…。(笑)

魚眼ズーム、寄れないとインパクトも何もありませんが、撮れると嬉しいですね。
先日、とおりっぐさんから教えていただいた栗林先生流の魚眼使い、ぜひ頑張ってみたいと思っております。(笑)

K20Dと魚露目、マスターレンズ次第では面白そうですね。リケノン50mmそのままでは辛そうですが、絞りのオフセットができると、結構使えるかもしれませんね。
dp4wd
2008/09/26 22:32
いつもながら、トンボを追うdp4wdさんの"思い"には脱帽です。
 私はレンズを雪に突っ込んで撮影したりはしますが、「水没」させた事はないですね。(^_^;)
 それにしても、アカネはこちらでも少なかったですよ。どうしたんでしょう?
Shinji
2008/09/27 18:45
Shinjiさん、お久しぶりです。
レンズの件ですが、ご想像よりはずっと軽度の水没ですよ。すぐに水気を取って半日ほど日陰干しし、ドライキャビに入れてますが、レンズが曇ることもなく大丈夫みたいです。
いよいよおかしい時は、O/Hに出せばいいし、最悪もう1本買えば良いかな〜と思いつつやってしまいました。
アカネですが、どうもヤゴが生息できる環境が限られていたのではないですかね。羽化前に水がなくなったりするとどうしようもないからですね。
dp4wd
2008/09/27 22:48
dp4wdさん
blogに訪問ありがとうございます。
拝見する度にdp4wdさんの超接近撮影には驚かされます。
僕にとっては、未だに何で…、どうして、こんなに寄れるの???
不思議な世界ですよぉ・・・

僕も超広角レンズ手に入れましたが撮影の仕方が難しくて…

トンボを見るとdp4wdさんを思い出します。
hiro
2008/09/28 21:04
hiroさん
いえいえ、私もここのところ忙しくてなかなかネットサーフィンすらできず、今日は久しぶりに時間が取れましたので皆さんのところへお邪魔した次第です。

さて、超近接についてですが、特別コツは無いんですよ。むしろ、超近接しているからこそ、インパクトがあるだけで、hiroさんが同じように寄れれば、同じように撮れること間違いないです。

超広角手に入れられてとのこと、どんなレンズでしょう?なんか気になります。(笑)
超広角、ただ広く撮るとポイントが散漫になりますので、メインの被写体には思いっきり寄る。これが1番のポイントかと思います。(笑)
dp4wd
2008/09/28 22:04
こんにちは。
前回からのかまきりとトンボのストーリーが続いているんですね。
合成ではないのがすごいです。

交尾中のトンボってハート型になるんですね。
以前ハグロトンボのハート型をUPされていたのが印象に残っています。


Mrs.パターソン
2008/10/02 19:10
Mrs.パターソンさん
わざわざおいでいただきありがとうございます。
カマキリですが、かなりの期間この場所に居たのですが、やっぱり居なくなりました。
最初は、トンボがかわいそうだったのですが、最後はカマキリの方がかわいそうになりました。(笑)
トンボの交尾ですが、イトトンボやカワトンボの仲間はハート型になりますね。
たまたまなんでしょうけど、なにか心に響きます。(笑)
dp4wd
2008/10/02 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋本番(トンボ撮影日記2008 Vol.24) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる