トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS トンボ撮影日記2009 Vol.4(カワトンボの巻)

<<   作成日時 : 2009/04/30 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今回で、先週末のカットは終わりです。今回の被写体は、今年最初に撮影したニシカワトンボです。
私が羽化を見つけて1週間ほどたちましたので、すっかり成熟して早ければ交尾しているのではないかと思い、出かけましたが、さすがに交尾する個体は居ませんでした。
いやそれよりまだ羽化している個体が居て、びっくりでした。(笑)

林の中を散策していると、、「みっけ!!」透明羽根のカワトンボの成熟個体を見つけました。
とても綺麗なメタリック色です。
画像


上のカットを撮影した後、ピント確認のため拡大していて気がつきました。
トンボの体には毛が生えているんですね。(笑)
上のカットをトリミングします。(見えますかね??)
画像


カワトンボは飛ぶのが下手なこともあるのか、とても警戒心が強いです。
しかし、30分ほど脅かさないように様子を見ていたら、結構近づけるようになりました。
そこで、虫の目を取り出して撮影してみました。トンボが居る林の様子がわかると思います。
画像


もう一枚。ストロボを軽く当てたら羽根が光りました。
画像



葉っぱで留まっているトンボを撮影していて気がつきました。お食事中のようです。(笑)
画像



私が林の中を歩くため、地面から虫が飛び立ちそれを狙っているようです。(笑)
もう一カット、お食事中のカットを撮影しました。
画像



今回は残念ながら交尾のカットは撮影できませんでした。
もし、チャンスがあれば再度チャレンジしてみたいと思います。






ミヤマカワトンボのふしぎ
楽天ブックス
やさしい科学 著者:佐藤有恒出版社:さ・え・ら書房サイズ:全集・双書ページ数:63p発行年月:198

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニシカワトンボ、綺麗ですね!! ストロボの光で色が出た翅もとても綺麗です。
一度、丹沢の方へ行ったときに見たくらいで中々お目にかかれません。そして敏感なので撮ることも…こんなふうに撮れたら何もいうことはありません。♪
気楽人
2009/04/30 22:11
気楽人さん、いつもコメントありがとうございます。
私がこのトンボに会ったのは、トンボを取り出してまもなくの頃で、嫁さんの実家がある山奥の沢でした。
大きさの比率は、イトトンボに近いけど大きさは比較にならないくらい大きくて、田舎だからこんなに大きくなったのだと思いました。(笑)

その後、いろいろなところで見かけるようになり、それが間違いだと気がつきましたが、今でも初めて見たときの美しさは頭に残っております。

今考えるとなんともアホですね。(笑)
dp4wd
2009/04/30 22:27
私もカワトンボは見たことがありません。
小さい頃はハグロトンボを間違ってカワトンボと呼んでいたので、
すぐごっちゃになってしまうのですが・・・(笑)
dp4wdさんの作品をみて、ホントに現実にこんな綺麗なトンボが居るのか〜〜と思ってしまいます。
実際に見たら感動するでしょうね〜。
とおりっぐ
2009/05/01 00:23
とおりっぐさん、おはようございます。

カワトンボですが、ハグロトンボに比べると体のバランスはよく似てますが、大きさ自体一回り小さいですよ。

体のメタリックグリーンは本当に綺麗なんですが、成熟するつれて、だんだん粉を吹くものも居るようです。
場所によっては6月位まで見れるようですから、機会があったらぜひ見て欲しいですね。
dp4wd
2009/05/01 06:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンボ撮影日記2009 Vol.4(カワトンボの巻) トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる