トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏前のトンボ 2

<<   作成日時 : 2014/09/27 20:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは〜。今週も先週に続きトンボネタです。時期的には梅雨末期から初夏にかけて撮影したものになります。

では早速紹介します。
夏になると日本全国で見られるトンボにハグロトンボがいます。翅が黒くて警戒心が強く、飛び方ものんびりだったり早かったりしますね。
そんなハグロトンボの羽化を撮影に行きました。

チョウトンボもそうですが、濃い色のトンボは基本的に羽化直後はみんな白いようです。

羽化して翅が伸びる途中のハグロトンボです。
画像


翅が伸びた後体が伸びますが、まだ色がついてないですね。
画像


体の色はまだ白いですが、眼は色がついてますね。

画像



別の場所で羽化していたハグロトンボ、すっかり色がついてました。

画像



ハグロトンボを撮影して帰ろうとしていたところ、初めて見るサナエトンボを見つけました。
散歩中の人とのコラボです。
画像



秋のトンボといえば赤とんぼ=アカネですが、実は梅雨の末期に羽化してます。そんなトンボを探しに行きました。

居ました〜。マユタテアカネです。

画像


この日羽化したマユタテアカネです。
画像



翅がまだセロファンのようです。

画像


マユタテアカネが羽化した沢、ヤマサナエが縄張りを張ってました。
裸足で沢に入り24oで撮影しました。
画像



この後、凄いことが起きます。いきなりヤンマが現れ水面にダイビング。。
何々なにがあったの?と思っているうちにヤンマは翅をばたつかせ水面を移動。私には泳いでいるように見えました。慌てて、望遠レンズを付けて探すといました〜。お母さんが産卵中でした。


画像


光を考えて…(^^)
画像



こんなことがあるんだな〜と驚きつつ、撮影した画像を見てまたびっくり。実はこのヤンマはヤブヤンマといい直接水中に産卵することはないと言われてます。
普通は池のすぐ近くの苔や土に産卵します。

産卵していたお母さん、わずか3分ほどでどこかへ行ったのですが、きっとまた来ると信じて待ちました。
すると約30分ほどしてやはり現れてくれました。

今度は通常の産卵スタイルでした。
何か所も移動しつつ、苔に産卵してました。
画像



画像


ダメもとでコンデジ片手に近づいてみました。やった〜、撮影成功です。(^^)

画像


以上で今週の更新は終わります。ここまでのところトンボの撮影は快調でした。(笑)


さて、来週ですが、トンボ以外のものを紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。。。
やはりトンボを撮らせたら師匠にかなう人はいないのではないかと思いました。ブログタイトルの面目躍如たるものがあります。♪
濃い色のトンボは基本的に羽化直後はみんな白だとか直接水中に産卵しないトンボとか勉強になりました。また色々なトンボも…。
夫々の絵の構成も良くて、いつものことながら素晴らしいです。
気楽人
2014/09/28 15:46
気楽人さん
いつも素敵なコメントをいただきありがとうございます。
ちょっと褒められすぎじゃないかな〜と思いつつも、嬉しいコメントです。毎年懲りもせずトンボを撮影してますが、年々環境は変化してて、特に今年は2か所の池でトンボが見れなくなりました。
何が原因なのかわかりませんが、とても寂しいことでした。
来年、また行っていなかったときは困るな〜と思いつつ、何とか子孫をつないでほしいと思ってます。(^^)
dp4wd
2014/10/04 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏前のトンボ 2 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる