トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の海苔の養殖

<<   作成日時 : 2016/02/20 20:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは。
このブログでもちょくちょく登場する有明海。皆さんもご存じのとおり海苔の養殖で有名です。今週は11月の下旬の有明海を撮影したものです。
例年とは違った養殖のシーンにちょっと興奮気味で撮影しました。例年と違ったわけは最後の方に書きますのでよかったら最後まで見てください。


干潮の有明海の様子です。海苔網がびっしりと張られていることがわかると思います。

画像


画像



遠くどこまでも続いてます。

画像


岸の近くでもこんなにびっしりと海苔がついてます。

画像


画像



こんな感じの有明海でした。

では最初に書いた理由なんですが、今年の海苔の養殖は秋目海苔と呼ばれる最初の海苔が水温が高いことによる病気のため収穫ができなくなったそうです。
そのまま海苔を海水につけていると全滅するので、満潮のわずかな時間帯以外を空気中に出して太陽光で殺菌するための行動だったようです。

結局、秋目海苔はここ数年でまれに見る不作で例年の60%ほどの収穫だったようです。
その後、1月になり寒さが戻ったことで冷凍海苔は順調みたいです。


では、もう少し続きます。
海苔網の前を優雅に歩くシラサギです。

画像


画像



次は有明海つながりのカットをアップします。
12月の上旬はまだ気温も高く、アオサギがムツゴロウやワラスボを捕まえては食べてました。

まずはムツゴロウです。

画像



画像



画像


次はワラスボと呼ばれている蛇のような魚です。平気で食べてます。

画像



画像



等間隔で並んではムツゴロウが顔を出すのを待ってます。

画像



どこからともなく飛んできては、餌を探します。

画像


同じ有明海でも場所が違うと養殖の規模が違います。
ここはすごく密集してます。

画像


ここも養殖はできてないようです。
画像


以上で今週の更新は終わります。来週は12月の昆虫や鳥を撮影したもののをご紹介したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
有明海の海苔の養殖…本当に規模が大きいですね〜。海がそれだけ綺麗ということだと思います…凄いことですね。♪
ムツゴロウにもとんだ天敵が居たんですね〜。…これはちょっと堪らんですね。。(笑)餌まちのアオサギが面白いです。
気楽人
2016/02/21 12:19
気楽人さん、いつも素敵なコメントありがとうございます。
海苔の養殖ですが、かなり以前から行われてました。今から40年ほど前は、1シーズンで家が建つといわれるほど収益も上がったようです。
そんな有明海も、潮受け堤防ができた頃からどんどん海の状況がおかしくなってます。
ムツゴロウですが、いろいろな天敵がいるようです。そんなこともあり、実は日本にいた本来の種類は絶滅状態なんですよ。今いる個体は韓国から連れてきたものなんですよ。
dp4wd
2016/02/27 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の海苔の養殖 トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる