トンボの唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝の海に来る鳥たち

<<   作成日時 : 2017/03/25 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

皆さん、こんばんは。いよいよ来週からは4月ですね。東京ではすでに桜も咲いたようで春本番ですね。

さて、今週の更新は有明海に来る野鳥を紹介したいと思います。有明海は宝の海と呼ばれてますが、近年は2枚貝が取れなくなり、開門調査でもめているのはご存じのとおりです。
有明海は干潟が広がる海で、その干潟たくさんの生物がいるためたくさんの野鳥が来ます。そんな野鳥を撮影しました。


では早速スタートします。最初の鳥はズグロカモメです。ゆっくり飛びながら干潟に居るカニなどを探してます。
撮影機材は古いNikon1です。液晶ファインダーではピントがよくわからずピンボケを量産してしまいした。

画像


画像


ダブルです。
画像


真正面から

画像


次は、絶滅危惧種=ヘラツラクロサギです。今年もたくさん来てます。

画像


画像



ここで撮影日が変わります。
懲りずにまた有明海に行きました。この日もクロツラヘラサギは居ましたが、随分沖の方でした。
画像


手前にはツクシカモが入ってきました。
画像



この後、有明海の潮が徐々に満ちてきました。どうするかな〜と見ていたら、ボチボチ歩いて近づいてきました。

画像



画像


何処からともなく飛んで来るサギも
画像


画像


次はツクシカモを狙いました。
今年は特に多いようです。ちょっと引いたカットです。

画像


ところがこのカモ、とても警戒心が強く良く逃げます。
画像



これもカモだと思いますが、種類はわかりません。
画像


まだまだ続きます。ユリカモメ?が目の前で大きなシオマネキ(カニ)を捕まえました。

画像


画像


こんなに大きなカニどうやって食べるのかと思っていたら、何度も咥えては干潟に落としてました。
画像


画像


その結果、カニは爪が外れ胴体とバラバラにそしてすべてたいらげて飛んでいきました。

最後はシギの仲間です。
嘴は長いし、足も長い、干潟の上も簡単に走ります。

画像


画像


海に入って水浴びしてます。
画像


上がってきました。
画像



最後はシルエット&モノクロで
画像


以上で今週の更新は終わります。有明海は夏はムツゴロウ、冬は野鳥とカメラマンにとっても宝の海です。(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。。。
三寒四温と言いますがまさにその通りで今日などは冬に逆戻りしたかのように寒いです。
さて有明海ですが実に色々な鳥がいるんですね確かに「宝の海」ですね。ユリカモメの蟹捕獲シーン…いいところを撮られましたね、興味深く拝見しました…こんなことをするとは思いませんでした。嘴と足の長いシギも何となくユーモラスで楽しいですね。♪
気楽人
2017/03/26 15:16
おっと忘れました…全部、Nikon1での撮影ですか?
撮影倍率としては確か2.7倍で好条件ですが仰るようにピントが合わせにくいですよね…ヤハリ腕の問題ですかね〜凄いです。
気楽人
2017/03/26 15:23
気楽人さん、こんばんは。
こちらは、また随分冬に戻ってしまいました。福岡県は桜の開花宣言が出たものの、佐賀は聞かないような…。
自宅近くの桜並木はまだほとんど蕾です。

さて、このたびは素敵なコメントありがとうございます。有明海は冬になるといろいろな渡り鳥が来てくれますので、被写体がないときは、最高です。(笑)

さて、機材の件ですが、Nikon1は最初から4枚だけです。紛らわしくてスミマセン。m(__)m
dp4wd
2017/04/01 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝の海に来る鳥たち トンボの唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる